きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、VIVAゴルフ練習場に打ちっぱなしに行き、準備も整ったので、

今日は、ユニコ・ゴルフに行くつもりでした。

ところが、夜中に一度降った雨が、朝方目覚めると、また降っています。

どうも、日中もまた降りそうな予感がして、

今日のゴルフは中止。

インターネットを見ると、週明けの今日も円高が続いています。

それで、また、持参した日本円を、スーパーリッチで換金することに決めました。

いつものように、セン・セーブ・ボートで、プラトゥナムまで行きました。


20100802BKKZEN1
最建築中のセントラル・ワールド ZENですが、前の広場は大きな囲いで覆われています。
その看板に掲げられた文字。


20100802BKKZEN2
”We must Reconcile as we are One Country, One Family and One People"
という言葉が、空々しく響くなぁ、感じるのは、僕だけでしょうか・・・。
つい昨日も、ラチャダムリ通りから遠くはない、ランナム通りで、ゴミ箱から爆弾ノ騒ぎがありました。
本気で取り組まないと(本気で取り組んでいるとは思えないので)、
バンコクも観光旅行社から、見放される街になってしまうのではないでしょうか。


スーパーリッチで換金、10000バーツ、3705バーツ。

土曜日は、3710バーツでしたから、ほぼ、変化はしていません。


僕は今でも、日本を発つとき、普通預金に入っている日本円のほとんどを現金化して、

タイに持ってきて、為替率の良い時期を見計らって、バーツに換金しています。

以前、どなたかが、そんなことをしなくても、日本の銀行に預金したまま、

タイに居ながらにして、為替率の高いときに、円からバーツに換金できるよ、

という方法を教えてもらったような気がするのですが、

今一、しっかり理解できていなくて、このようなことを続けています。

ず~と前には、三菱銀行で、「海外カード」というサービスがあり、

海外で引き出すと、当日の為替率で現地のお金で引き出せる、ということが可能だったのですが、

数年前から、その「海外カード」の新規発行を止めてしまっていて、

僕は手に入れることができませんでした。

まぁ、ちょっとわずらわしいだけで、中間に一切手数料の掛からない自前の方法なので、

年に何回か日本へ帰る僕としては、決して嫌ではありません。

でも、長期間、タイに滞在している人たちは、どうしているのでしょう・・・?



チットロムからプロンポンに出て、フジスーパーで少し買い物して、

帰宅しました。

プロンポンの駅の陸橋通路にあるブック・オブ・ワールドで、またつまみ買いしてしまいました。

なにしろ、日本のブック・オフの100円より安く本を売っているので、つい。


旺文社文庫の「福翁自伝」が20バーツで悲しげに積まれていたので、購入。

家に帰り、新しい読み方で、紐解いてみました。

何十年か前に、この本を読んだことがあります。

生い立ちから始まって、長崎時代、大阪修行、緒方庵のこと、

そして江戸に出て、アメリカに「かい臨丸」に乗って初めて行く、

(この「かい臨丸」の隊長は勝海舟で、からっきしだらしのない隊長振りで、

福沢は、さんざんこき下ろしていた、という記憶があります)

というあたりまで読んで、中止してしまった、と思います。

自分が若ければ、やはり自伝・伝記というものは、最初のページから読むでしょう。

そして、その若き日のなにがしかに、惹かれるものがあったり、

わが身に照らして、指標にしたい、モデルにしたい、などという野心も、

あるに違いないと思います。


しかし、今では、そういう気にはなり得ません。。。

だから、今回は、最後のページから読むことにしたのです。

最後のページに近いあたりに、

いかに飲酒を節するに成功したか、

について書いてあります。



30代前半の血気盛んなころは、まさに鯨飲生活で、

このままでは、寿命をまっとうできないと自ら気づき、

節酒の他に道なしと定め、

支那人が阿片をやめるような(という比喩がまた時代を感じさせて面白い)苦しい思いをして、

まず第一に朝酒を廃し、

しばらくして昼酒を禁じ、

サァ今度は晩酌の一段となって、その全廃はとても行われないから、

そろそろ量を減ずることにしようと方針を定め、

口では飲みたい、心では許さず、

口と心と相反してけんかするように争いながら、次第次第に減量して、

やや穏やかになるには三年もかかった。

ちょうどそのころ、37歳のときに大病にかかって一命を取りとめ、

医者の言うには、このところの節酒が、命をつなぎとめたのだろうと。

それ以来、酒量は減ずるばかりで増すことはない。

とにかくに、人間が四十にも五十にもなって酒量がだんだん強くなって、

ついにはただの清酒がききが鈍いなんてブランデーだのウィスキーだの飲むものがあるが、

アレはよくない。

苦しかろうがやめるのが上策だ。

そろそろやれば、節酒も禁酒もできましょう。




となりのペーージには、私のこころの養生法、などもあり、

なかなか、今の僕には読み応えがあると感じます。

僕は、酒量は多くはありませんが、

ほぼ毎日飲んでるので、

ついおぼろな気分になって、読書もままならない日々が増えています。

そろそろ、

節酒、

すべきなのかな?



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
ブック・オブ・ワールド
 私もプロンポンのブック・オブ・ワールドは
 愛用するようになるんではと思います。
 女房の口座の銀行にも近いので。
 酒は百薬の長と言われていますが弟のガン治療で行った
 ティフアナの病院でそうではないって事を学びました。
 ちょうどうまい具合に痛風になり
 今は飲んでも週一回、それも本の一寸ですから
 時間は有効に使えます。
日本の銀行ですか?
 嫌なヤツらの集団としか思っていません。 
 私はサパンクワイで両替していますが結構いいですよ。
 以前は少なかったのですが
 最近はめっちゃ増えてきたようです。
 私が利用するのは昔ながらの汚いお店です。
2010/08/03(火) 04:47 | URL | トマックス #90LdKUd6[ 編集]
Re: ブック・オブ・ワールド
トマックスさん、
日本に居ても古本屋さん大好きの私ですので、
プロンポンに行くと、かならずブック・オブ・ワールドに寄って、
何冊か買ってしまいます。
スクムビットには、その他2,3軒の古本屋さんもありますが、
そちらを見ることはあまりありません。
トマックスさんの周りはかなりインターナショナルなんですね。
弟さんは、カリフォルニア在住ですか?
それにしても、痛風とは。
残念ですが、一病息災で、かえって健康に気を配るようになるので、
良いと考えるのが得策ですね。
お酒も自然に少なくなって、いいですね。
あはは、銀行は嫌なヤツラの集団、ですか。
私にも、いつも強きを助け、弱きをくじき、おのれだけは生き延びようとする集団に思えています。
基本的に、信用おけない、です・・・^O^。
スーパーリッチをご利用ではないんですか。
その他、タニアの酒屋、というのが良くインターネットで出てきますが、私は場所がわかりません。
タニヤに行かないものですから。
サパンクアイにも、同様に率の良い両替屋さんがあるんですね。
土地勘がないので、私には利用は無理のようですが。


>  私もプロンポンのブック・オブ・ワールドは
>  愛用するようになるんではと思います。
>  女房の口座の銀行にも近いので。
>  酒は百薬の長と言われていますが弟のガン治療で行った
>  ティフアナの病院でそうではないって事を学びました。
>  ちょうどうまい具合に痛風になり
>  今は飲んでも週一回、それも本の一寸ですから
>  時間は有効に使えます。
> 日本の銀行ですか?
>  嫌なヤツらの集団としか思っていません。 
>  私はサパンクワイで両替していますが結構いいですよ。
>  以前は少なかったのですが
>  最近はめっちゃ増えてきたようです。
>  私が利用するのは昔ながらの汚いお店です。
2010/08/04(水) 13:29 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/497-1250a4ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。