きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エスプラナーデには、十軒のほどの日本食レストランが入っている。
カジュアルな店は、地下一階だ。
ニンが、日本食に対してどんな反応をするのかを見たいので、迷わずFujiへ入る。

寿司、天ぷら、餃子、イカ焼き、茶碗蒸し、など。
茶碗蒸しを好き、というかどうか。
日本食は、初めてではない、注文するものも、自分で選べる、そんな感じだった。
茶碗蒸しは、食べたことがなかった、といいながら全部食べていた。

日本食に対しては、まずまずの好みだ。
今後、僕が日本食を食べたいと言っても、いやがらずに、ついてくるだろう。

食事の帰りに、途中のジャスコに、買い物に寄る。
ここが、大変、だった。

ジャスコの中を2度は、ぐるぐる歩いたのではないだろうか。

モップはあるか。ない。
モップで拭き掃除をするときの、バケツあるか。ない。
床掃除の洗剤はあるか。ない。
洗濯の洗剤はあるか。ない。
食器洗いの洗剤はあるか。ない。
ニンがお泊りする、歯ブラシ、化粧水、あるか。もちろん、ない。
化粧品は、よくわからないが、2、3種類買った。

歩いているうちに、女性の下着コーナーでピタリと足が止まった。
ワコールのブラジャーとちっちゃなパンティのセットがいたく気に入ったらしい。
女性店員とあれこれ話しこんで、欲しいというそぶり、丸出し。

日本から、お土産を買って来ようかと思いながら、時間がなくてできなかったので、これをプレゼントしてもいいか、という気になる。900バーツ。
そうすると、やわら店員が、もう一つブラジャーを買うと、パンティが無料で付くキャンペーン中だと言いだした。
今度は、それも欲しそうな気分で、店員の勧めに応じたがっている。
それを買うと、1500バーツになる。
いっきょにブラジャー・パンティ2セット、というのは、さすがにおかしく思えるから、それはダメダメ、で押す。

それから、伸び放題の僕の髪の毛を見て、髪を染めるとしたら、どの色にしようか、などといい始めて、ダーク・ブラウンの染料を買う。
後で、染めてあげるから、プロに任せなさい。とか言う。

コンドのもどってからの食べ物と、明日の朝の食料をみつくろう。
その時、なんという名前じゃ、僕にはわからないが、タイ人が良く食べる貝が、魚介コーナーに出ていた。
それを食べたいか、と聞く。ここで、煮る、調理をしてくれる、という。
食べたい。
それで、注文ということになったのだが、なんだか10キロの単位で買おうとしている。
おいおい。ボールにひとつ、それぐらいでいいよ、と押さえる。

また、ハムを買うときも、同じ様子。
うすくスライスしたハムの味は、僕が選んで決めると、量は、10センチも買おうとする。
そんな、明日の朝食だけだし、味もよくわからない初めてのハムだから、5センチでいいよ、とこれも押さえる。

買い物を始めると、ブレーキが利かなくなる、そんな情動の持ち主、というのが存在するのだろうか。
あとで思うと、そんなことをふと考えさせる様子だと言えた。

その時は、とにかく、あれこれしたい思いがあり、知識もあまりないのかな、というくらいにしか思わなかったが。

そんな、こんなで、大量の荷物をかかえて、コンドの部屋に戻る。

僕は、日本から到着したばかりでもあり、くたびれていたので、ゆっくりソファでくつろぎにかかる。

ニンは、僕には、休んでいていいよ、と言う。

ところが、自分は、ベランダのある、洗濯機用の蛇口を見つけると、今買ってきたばかりの、モップとバケツを取り出した。
以前から買ってあった、ほうきと、塵取りで、まず部屋全体を掃く。
ワン・ルームで、40平方メートルの広さである。
それが終わると、バケツに洗剤を入れ、モップで床の吹き掃除。

実に手際よく、嫌がらず、きれい好き、という感じで、僕に手伝えば、というそぶりもみせなかった。

掃除が終わり、ベランダのから外の景色を眺めている。
そばに寄っていくと、椅子に腰をかけて、
あ~ぁ、この椅子にすわって、書き物のことを考えられたら、いいな~。

ねえ、あなたが、日本に帰っている間、ここに来ても良い?
そうしたい、な。
どう思う?良いかしら?

なんだか、超スピードで頭が回転しているみたいだ。
僕は、まぁ、そういうこともあるかなぁ。
わからないよ、まだね。
というタジタジの返事。

この展開は、どうなっていくのだろうか?
自分でも、予測がつかないスピード進行である。    (続く)



Thai Dating, Singles and Personals



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/52-34718079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。