きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はシラチャー到着後、ほとんどバンセーンに行くことに

明け暮れたので、シラチャーのことがなんにも分かっていません。

せめて、海岸通りだけでも見ておこう思い、朝の散歩がわりに出かけました。

APコートを出て、スクムビット通りに出るところに、トクトク・タクシーが

止っています。



20101013srirachasonteo
これで出かけました。
一人、30バーツです。
僕が、タイの乗り物で嫌いなのは、座ると、
ほとんど外の景色が見えなくなることです。
視線の高さが、たとえばトクトクの屋根にあたって、
よほど体勢を低くしないと外の様子が見えません。
これでは、乗り物は、ただA地点からB地点への移動手段にしかならず、
トクトクを使って市街見物、などできません。
今日も、どこをどう通ったのか、よくわからないまま、
海岸へ到着しました。



20101013srirachaclocktower
クロック・タワーのある所で降りました。
シラチャーとしてはスペース感のある場所が、
ここから続きます。



20101013srirachajoggingcourse
海岸沿いにある、ジョギング・コースですね。
気持ちが良さそう。
でも、運動している人は、居ませんでした。


20101013bridgetokholoy
ロイ島に架かる橋を歩いて渡ります。
車の通りも無く、人通りも無く、静かです。
9時前、ではありましたが・・・。


20101013kholoyentrance
ロイ島、到着!
という感激はありません。^O^
歩いて5分もかかりません、ので。


20101013kholoyturtlestatue
島になにがあるのかなぁ。
亀の公園だと聞いていたから亀はいるはず・・・
と探して、亀の像を見つけて喜んで写真を撮ろうとすると、
彼女が「アッチに何かあるよ~」と、
叫びます。



20101013kholoyturtlepark
そう、タートル・パークはこちらでした。
でかい亀がうようよ、居ます。


20101013turtlefishstatue
亀の上にお魚が乗っています。
なにか、メッセージがあるのでしょうか。
分かりません。



20101013kholoychinesedragontemple
そして、ドラゴンで装飾された中国式お寺、です。
ロイ島のシンボル・マークのようです。
ロイ島全体が約3ライの広さ、ということで、
僕としては、ライの広さの感覚を感じ取ろうと
してみました。


20101013srirachamap
シラチャーの地図です。
左手、下方に、ロイ島が、橋を渡って、示されていますね。


ロイ島内に待機していたトクトクで、ホテルに戻りました。

ロイ島滞在、30分、の旅でした。


これから、ラヨーンに移動です。

バスはどこから乗るのか、そのトクトク・ドライバーに訊いてみます。

すると、僕達が昨日、バンコクから来たときに降りた、

ロビンソンの前で、待っていて、

ラヨーン行きのバスを見つければ良い、とのこと。

そのアドバイスに従って、待っていると、

2台目のバスが、ラヨーン行きの1等バス。

一人、70バーツ。

パタヤ、ジュムステイン通りを右手に見ながら、走って、

ラヨーンまで2時間あまり。

ラヨーンのバス・ステーション到着です。

近くにレンタル・バイクがあれば借りようと探したのですが、

ありません。

教えてもらったKR パレスに電話して、部屋があるかどうか確認し、

ソンテオでの行き方を訊きます。

セブン・イレブンの前のむらさき色のソンテオに乗って、

と言うので、乗ってみたものの、

どこで降りたら良いのか、そこまでアドバイスを貰っていなくて、

ヒヤヒヤしながらでしたが、幸い、そのホテルの屋根を見つけることができ、

無事、到着です。


1室490バーーツの部屋を希望したのですが、

空いているのは、1室690バーツの部屋だけだ、といいます。

大した差ではないので、ここに決めましたが、

あとで、駐車場の車の数などからみると、

確かに、満室のようでした。



20101013KRpalace1
これがKR palaceです。
5階の左隅、L字型のベランダのある部屋が、割り当てられました。
ひろい部屋のようです。


20101013KRpalace3
合わせて80平方メートルくらいありそうな、広い部屋でしたが、
ソファなどもポツンとあるだけ、の感じで、広すぎです。



20101013KRpalace2
寝室です。
キング・ベッド。


20101013KRpalace4
バス・ルームです。
バス・タブも大きく、きれいです。
ゆったりできることに、間違いはありません。


20101013rayongcityhotel
スクムビット通りにあるラヨン・シティ・ホテル。


20101013rayongorchidhotel
その隣にある、ラヨン・オーキッド・ホテル。



20101013KRlotusview
KRパレスの正面ベランダから、
ロータスが見えます。(中央木の上)


20101013KRcityhotelview
KRパレスの西向きベランダから、
シティ・ホテルと、その先にオーキッド・ホテルが遠望できます。
(金色の三角屋根を乗っけたのがオーキッド)


ホテルで、レンタル・バイク屋さんが、オーキッド・ホテルの前にある、

と聞いて、

そこまで、5、6分歩きました。

1時間30バーツ、1日300バーツです。

1日借りることにして、さっそく出発です。

まず、地球の歩き方の小さなラヨーン地図で、

唯一、緑の公園として描かれているシー・ムアン公園に行き、

それから、ラヨーンの海岸を見てみたい、と思いました。

今回の旅は、海岸めぐりの旅です。




20101013srimuangpark
このバイクで、
彼女の運転です。
シー・ムアン公園です。


20101013srimuangpark2
実は、緑はあるのですが、あまり大きな公園には見えず、
本当にシー・ムアン公園なのかと、近くを走って、
他に公園があるかどうか、探してしまいました。
野外のサッカー場、フットサル場、テニス・コートなど。
図書館も公園内にありました。

さて、ここから、ラヨーンの地図上は、市街に対して南下したところが

海岸です。

なんとなく、繁華なイメージを抱いていたのですが、

完全に裏切られました。

それは、漁師のための海岸でした。

小型の漁船が沢山繋留されている港があり、

海岸は、浸食を防ぐブロックで囲まれた小さな浜の連続です。


20101013rayongseaside1
ここは、ちょっと大きめの浜ですが、
なんにもありません。


20101013rayongseaside2
漁師の子どもが遊ぶ以外、
市民の泳ぐ海ではまったくないようです。
魚つりは、できそうですね。


改めて、地球の歩きかたのラヨーンのページを見ると、

郊外にあるメー・ランプーン・ビーチが、

タイ人に人気のある雄大なビーチだそうです。

ここまで来たら、その郊外とやらがどれほど遠いかわかりませんが、

行ってみるしかありません。

実際のところ、バイクの二人乗りでは、かなり乗り応えのある

距離でした。

片道、1時間は走ったでしょう。

二人とも、お尻が痛くなって、帰りは大変な思いをしました。


20101013maerumpuengmap
長さ12キロメートルはある、というメー・ランプーン・ビーチの地図です。


20101013maerumpueng1
お客さんは、ぽち、ぽち、しかいませんでした。


20101013maerumpueng2
海水着は用意していったのですが、
ちょっと泳ぐ気にはならない気分。
まぁ、浜辺には立ってみた、ということで。


20101013maerumpueng3
別の場所からのスナップです。


そんなバイクの長距離ランをして、

ホテルで一休みしてから、

夕食です。



KR パレスのあるのは、ラバムルン通りで、結構飲食店の多い通りです。

その中に日本食屋さんが2軒ありました。

バンコクにチャンコ鍋で有名な本店があるという、

「初瀬」という居酒屋さんふうのお店で夕食をとることに。



20101013rayonghatsuse1
このお店では、チャンコ鍋はありませんでした。



20101013rayonghatsuse2
その日のお勧めの海鮮どんぶり、すき焼き鍋、
レバーニラ炒め、特性ぎょうざなどを注文。
ビールを含んで、800バーツほど。
値段のやすく、食欲を誘うメニューが目白押し、でした。



20101013rayonghatsuse3
写真写りが悪くて、申し訳ありません。
1階には、3つのテーブル席に、長いカウンタ席。
そのカウンター席にも、4組、5組。
また2階には、宴会のできるスペースでもあるのでしょうか、
日本人グループと、もう一つタイ人グループが、
続々、2階に上がっていきます。
とにかく、すごく繁盛しているお店のようでした。
周りのお店では、人の気配が薄い日でしたが、
元気なお店は、うれしいものですね。

20101013KRhotelgoodnight
忙しい一日も終わり、
無事、KRパレスに帰還。
駐車場には車が一杯。
このホテルは、企業の出張者の利用が多い感じですね。



ラヨーンは、のどかなハーブとか果樹園などの、

農業中心の街かと思っていたのですが、

海外地帯など、大きな煙突が立ち並ぶ工場の多い、

工業都市、という印象を強くしました。



今日は、ぐっすり眠れそうです。



旅の雰囲気を自分自身に残しておくために、
歌を添えることにしました。
海の旅ですので、サザン・オールスターズの歌で・・・。
今日のラヨーンの海は、ちょっと淋しげ。
だからこそ、海への慈しみが高まる一日でした。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
コメント
この記事へのコメント
 楽しめました。
 シラチャー,ラヨンの誌上観光が楽しめました。
 ありがとうございます。
 ホテルは大体何処でも英語で通用するんですね?
2010/10/20(水) 09:50 | URL | トマックス #90LdKUd6[ 編集]
こんばんは、KRパレスに泊まられたんですね   私が泊まった時はガラガラでした   1年以上たつとかなり違いますね
なつかしい~ 初瀬  カウンターの左端が私の指定席  ここは殆ど常連の駐在さんです    ところで店長は元気でしたか?

ブログを見て再訪したくなりました!
2010/10/20(水) 22:55 | URL | ウータン #-[ 編集]
ラヨーン、初瀬
ウータンさん、
おかでさまで、KRパレスに泊まり、楽しいラヨーンの一日を過ごすことができました。
ありがとうございまいした。
ウータンさんは、ラヨーンに駐在されていたことがあるんですね?
初瀬のカウンター左端、ですか。あのカウンターは、違和感がなく、
お店に溶け込んでいて、いいですね。
店長さんですが、きっと2階のお客さんで忙しかったのではないでしょうか、
1階で、ちょっと見かけたような気はしますが、お話をできませんでした。
しかし、初瀬さん、繁盛していて、気持ち良かったです。
タイ人のお客さんも居て。


> こんばんは、KRパレスに泊まられたんですね   私が泊まった時はガラガラでした   1年以上たつとかなり違いますね
> なつかしい~ 初瀬  カウンターの左端が私の指定席  ここは殆ど常連の駐在さんです    ところで店長は元気でしたか?
>
> ブログを見て再訪したくなりました!
2010/10/25(月) 14:00 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/538-6362d20e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。