きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところ、第一の活動が、車選びのことになっています。

ブログ読者の皆さんからも、たくさんのコメント・アドバイスを

いただいて感謝しております。

(そのぞれの方にコメントの返信が出来ずにいて、もうしわけありません!

怠惰なせいと、時間がないため、ですが、コメント・アドバイスは

しっかり受け止めております。ありがとうございます)

これから、しばらく車購入に関するどたばたを書くことになる、

と思いますが、

すでにお持ちの方には、なにを大げさに取り上げているのか、

と言われそうです。

しかし、車を購入する、ということは、僕にとっては、

大きな出費であると同時に、

いよいよ長期間にわたってタイに住むぞ、という決心をも

意味している、エポックな事柄なので、記録しておきたいのです。



彼女とラムカムヘンのホンダ・デーラーに行って様子を見た二日後、

やはりタイ人から、デーラーとのやり取りとか、その他の交渉ノウハウ

などがあれば聞いておいたほうがいいな、

という思いになり、ゴルフ友達のイチャイさんに連絡しました。


実は、イチャイさんに連絡するのは、久しぶりのことです。

タイ人とのゴルフは、プレーの後の食事や飲み会が長くて、

これでは健康が持たない心配がある、

ということで、間をあけていたのです。

そして、日本へ帰国していたこともあり、今回の電話は

約2ヶ月ぶり、ということになってしまいました。


VIVAで打ちっぱなしをしている途中で電話をすると、

イチャイさんの方は、シーナカリンで練習中だとのこと。

それではお昼を一緒に食べよう、VIVAで会おう、

ということになり、

1時間後に、ちょうど僕が練習を終えたところで、イチャイさんが

やって来てくれました。

シテイかジャズに決めている、と伝えると、

じゃ、まずデーラーに行って、

それから(僕は新車を買う、と言っているけれども)、

彼の懇意にしている中古車販売店にも行ってみよう、

ということになりました。


そこで、行ったデーラーが、最も近いところ、ということで、

2日前に行ったラムカムヘンの同じところでした。


2回目ですが、説明担当者は別の人で、英語もわかる人だったので、

パンフレットを見ながら、細かくモデルの違い、

ナビ・システム、納車の時期、などなどを訊きました。

イチャイさんも、2番目の娘さんがジャズに乗っていて、

とても気に入っているのだけど、トランクの広さなどを見て、

ゴルフのためなら、やはりシティかなぁ、というお勧めです。


シティに5種類のモデルがあるのですが、よく話を聞くと、

やはり最上モデルしかないな、という気になってきました。


2日前は、白いカラーを選ぶと納車は3ヶ月、と言われたのですが、

今回は、どんな色でも、色指定したら、3ヶ月。

即納車できるのは、在庫のある黒色だけ、と言う。


ああ、これは困ったなぁ、という顔をすると、

提案として、新車が来るまで、そのデーラーが持っている中古車を買って、

後で乗り換えたらどうか、

そのときには十分考慮した値段で、使用した中古車を買い上げますよ、

という話がでました。

その中古車を見ると、2005年もので、8万キロ、トップ・モデルで、

結構新しく見えましたが、値段は46万バーツです。

新車の値段が69万バーツですから、5年8万キロも乗って、

23万バーツしか引かれていません。

タイの中古車の値段の高さは、聞いていた通りでした。

買って、3ヵ月後にまた引き取ってもらうわけで、

数万バーツの差額で済むのでしょうが、

そういう面倒なことをするのも、タイではイヤだなぁ、

という思いが強く、この提案をこころ強く聞くことは

できませんでした。

あと、ナビ・システムは、ホンダの全ての車種に適合する

サプライヤー製品があって、シティ用の値段は37,000バーツ。


納車に時間がかかりすぎる、という問題が焦点となって、

いっそ中古車で、即納、というオプションもちょっと優勢に

なりそうな気配も出てきました。

なにしろ、今は、時期が悪い、多くのタイ人が、年末までお金をためて、

新年に向けていざ買おう、とする人が大勢出てくるんだよ。

モーター・エキスポもこの時期をねらって開催されるし・・・。


そんな話をしながら、いざ、ミンブリの、彼の懇意にしているという

中古車屋さんへ。

そこでは、ホンダのジャズ、シティ、シビック、

トヨタのヤリス、VIOSなどいろいろ見ましたが、

やはり新車が良い、という思いを変えるほどの車はそこには

ありませんでした。



久しぶりに会ったイチャイさんは、僕との再会を喜んで、

さっそくサマゴーンの新ショッピング・センター、ピュア・プレイスで夕食、

その後で、シンハー・ビアガーデンで小一時間、

そして、またハシゴして、なんと翌朝の1時になってしまいました。

また、あの長~い夜の繰り返しになりそうで、

ギョ、っとしてしまいました。



さて、翌日の日曜日。

納車が早く済むかどうかは、そのデーラーに在庫があるかどうか、

ということがポイント。

ラムカムヘンのデーラーでは、黒色なら2台ある。

それなら、他のデーラーにも当たってみよう、という風に考えて、

ラットプラオのデーラーへ出かけました。


在庫に、白モデルは無いけれど、1ヶ月以内に納車できる枠が

一つだけ残っている、とのこと。

これまでのラムカムヘンのデーラーでの話と総合して考えると、

どうも各デーラーは工場に対して?各月ごとに月内納車を確定できる枠を

持っているらしい、と想像しました。

ある月にその枠内の注文を受けてしまうと、工場との調整が必要になり、

それが不調に終われば、その注文は翌月回しになる。

だから、デーラーごとに、可能な納車日が違ってくる、

という想像です。

いずれにしろ、このデーラーで、1ヶ月以内の納車であれば、満足なので、

ここで見積もりをしてもらいました。

保険は1級で、車両、盗難、対人も高額(しっかり聞いていない・・・)のもので、

2万2千バーツ。

問題はナビ・システムで、ホンダ純正は高い(5,6万バーツ?)ので、

それをやめると、

そのデーラーで使っている最小価格のものがソニー製であって、

4万3千バーツ、という。

なんだか、ソニー製ときくと壊れやすそうで、嫌だな~、

あとで他のものを自分で探そうか、

という気持ちで、そこはそのままにして、全体の見積もりを出してもらうと、

76万バーツ。

新車購入プロモーションで、さまざまなアクセサリーが無料で付きます。

見積もりが出たところで、トータルのボトムラインに対して割引はないか、

と尋ねると、それは出来ない、とのこと。

もしそれを顧客が望むならば、上記のプロモーションのアクセサリーが

一切提供できなくて、1万7千バーツ位の現金割引ということになる。。。

まぁ、この割引を要求することはあきらめました。


あと、このデーラー店に付随している、サービス・センターの様子を見たい、

とお願いして、受付、作業場所、車の保管場所などを案内してもらいました。

ここでは、ラムカムヘンのお店と違って中古車を扱っていない、とのこと。


受付など、事務員がきちんと応対できる広いカウンター付きの事務所で、

気楽にサービスの依頼に立ち寄れそうな感じで、気に入りました。


さて、1ヶ月の納車の枠が1個しかない(ワン・キューしかない、と言って

いました・・・one queueの意味かな)ので、なるべく早く決定して欲しい、

他の人が来たら、その枠は取られて無くなってしまうから、

という通常のセールス・トークで話を終え、

なるべく早く返事をします、と応えてお店をでました。

その車を押さえる(ブロックする)には、5000バーツ支払わなければ

なりません。



さて、デーラー毎に在庫と、納車の時期が違うことガ分かり、

もしかすると、割引サービスにも多少の違いがあるかもしれない、

という理解のもとに、

ここまで煮詰まってきたからには、今日中にもう一軒、

デーラーを回ってみよう、と決心。


ラットプラオのFood Landで、2時過ぎの遅い昼食を取ったあと、

ミンブリのホンダまで、タクシーで。

ここは、工場地帯のなかにあるデーラーで、サービス部門が充実しているらしく、

なんでも4箇所にあるデーラーの技術的サービスはここで一括して提供するのだとか。

そのためか、ショールームもあり、販売員もいるのですが、

なにかあっさりしすぎていて、素っ気ない感じすらします。

ショー・ルームに展示してある車は、シティ、ジャズの低価格車は無く、

シビック、フリード、CRV、アコード。


シティに絞り込んだ話をすると、在庫にメタリック・シルバーがあるとのことで、

それを一所懸命に勧めてきます。

カラーは、メタリック・シルバーが一番良い、メンテし易いし、

中古で売るときも売りやすい。

白は汚れも目立つし、経年変化の色落ちなんかの怖れもあるし・・・。

他に即納出来る車は無いの?と訊くと、

他の3箇所の在庫表を見て、赤ならある、とのこと。

白は?、と訊くと、来月初めなら取り寄せられる、と。

ここは、納車と言う意味では、4箇所のデーラーなので、

一番融通がきく様子です。

白が、来月なら、という話も、ラットプラオのお店と同様、

工場枠があるのだろう、と想像しました。

そこで、見積もりを出してもらうことに。


まず、最初にその担当員が言ったのが、ここは、売るのに困ることは

ないので、他のデーラーさんのように、割引サービスはあまり豊富ではないですよ、

という言葉。

鼻から、値段の割引はありません、と宣言するとともに、

新車プロモーションの付帯無料サービスも、他店ほどありません、

とも言っている様子です。

あまり、良い感じを受けません。


それでも、良い点は、1級保険の料金は、割引して2万バーツ、

ナビ・システムも、2万バーツ位のものを探してみましょう、

そして、付帯のアクセサリー関係もいくつかつけて、

(ナビ・システムを外した)料金が約72万バーツで、

ラップラオのお店と、ほとんど、同額です。

(まぁ、当たり前ですが・・・)

そして、車のカラーを直ぐにも決めて欲しい、と迫る感じでいいます。

すなわち、メタル・シルバーか、赤かの、即納できるカラーか、

白の来月納車の車か、、、

在庫状況はどんどん動くので、早く決めた方が良いですよ、

その迫り方が、ちょっと高飛車な感じがして、

この店、感じが悪いなぁ、とう思いが強まってしまいました。


ここも、どの車をブロックするにも、5000バーツの予約金が

必要になります。


結局は、なるべく早く返事をする、ということで、

帰宅。



部屋に帰っると、5時過ぎ。

付帯オプションのアクセサリーを比べると、ラットプラオ店の方は、数が多い。

ミンブリで一番魅力かな、と思った座席を布製から、合成皮製にする、

というサービスもラットプラオにもあります。


こうなれば、あとはセールスの人たちの人柄や感じの良さ、

販売店・サービスセンターの便利さや利用し易さで決める

ことになり、断然ラットプラオに軍配があがります。


そこで、決着がついたので、彼女に電話をしてもらい、

ラットプラオの車をブロックすることに成功しました。

5000バーツは明日支払いに行くことでOK。


あとは、ナビ・システムをソニー製からどこに変更するか、

妥当なナビを探したいと思っています。

そして、

実は、カラーをどうするか、

最後の段階になって、僕と彼女に意見の差が。

僕も、始めは白が見栄えがする、ということで良いと思ったのですが、

ホンダの車のカラーのカタログをよくみると、

REDはシティにだけあるカラーなのです。

だから、シティのパンフレットの表紙も、赤の車です。

赤のホンダは、沢山駐車している車の中でも、

ユニーク・カラーだから、見つけやすいのではないか。


そして、そして、REDは

Retired Extremely Dangerous、

という先日観た映画のタイトルで、

今後の僕を鼓舞するカラーじゃないかと想像したり・・・。


最終的にどちらのカラーにするか、夢に出てきた色にするよ、

というと、彼女は、寝るまで僕のそばに寄ってきては、

耳元に「ホワイトォ~、ホワイトォ~」

と吹き込み続けるのでした。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです
先月末帰国しました
豪雨の影響で予定変更はありましたが楽しい1ヶ月でした
ところで車選びと言うことですが
好みもあるでしょうがアカは避けられたほうが良いかと
タイの強烈な日差しでは・・・
日本でもアカはやけがきついです
ちなみに私は日本からもって行く予定
現在タイ向きに改造中です
2010/12/13(月) 13:01 | URL | ウータン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ウータンさん、
タイミング抜群のコメントありがとうございました。
そうなんですか、暑いところでは特に赤はまずいんですね。
これで、決定しました。
ありがとうございました!

> お久しぶりです
> 先月末帰国しました
> 豪雨の影響で予定変更はありましたが楽しい1ヶ月でした
> ところで車選びと言うことですが
> 好みもあるでしょうがアカは避けられたほうが良いかと
> タイの強烈な日差しでは・・・
> 日本でもアカはやけがきついです
> ちなみに私は日本からもって行く予定
> 現在タイ向きに改造中です
2010/12/13(月) 13:13 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/563-5f9b9724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。