きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、涼しい日が続いているバンカピです。

今朝、20階のベランダに気温計を出して計ってみると、22.3℃でした。

室内は、27℃。

タイの12月の経験は、これで3度目になるのですが、

今まで、長めの上下の下着を着れば、上にかけるもの無しで

寒いと感じたことはなかったのですが、

このところの気温は、夜、うすいブランケットが必要になっています。

これは、身体がタイ化して、少しの寒さにも敏感になってきって

しまったのでしょうか?

彼女は、風邪が治りきっていないこともあるのでしょうか、

室内でもセーターを着ています。



タイは美味しいフルーツが実に豊富で、有名なのですが、

それらは殆どが、甘い果物なので、

糖尿病の怖れのある僕は、タイ・フルーツ大好き!、と言える立場にありません。

どちらかというと、タイからみると、外国産である、

リンゴや柿やドラゴン・フルーツ(中国からのもの?)を好んで

食べています。

ラットプラオのホンダ・デーラーの直ぐそばに、24時間営業の食品スーパー・マーケット、

Food Landがあります。

ホンダに行く度に2度、寄っています。



20101213thaiedamame
フルーツ・コーナーも入り口寄りに、高額商品が並べられています。


20101213foodland2
良く見ると、それは「JAPAN」の柿だったり・・・。
柿が一個、約430円。


20101213foodland3
「JAPAN}のリンゴだったりします。
リンゴが一個、約574円。


ラットプラオのこのあたりには、あまり(というか極少でしょう)日本人は

住んでいないはずです。

ですから、これらの「JAPAN」果物は、タイ人の購入者を想定したもので、

実際にタイ人が買うのだと思います。

タイ人は、高価でも、日本の果物が好きなんだ、ということでしょう。

これらをみれば、日本の農業を輸出産業として取り組もうとする動きに、

力強い根拠があるように思えます。

ただ、その取り組み方が中途半端では、単なる一時のムードで終わって

しまいそうです。

韓国などは、実に積極的に、韓国産の果物、野菜は、世界一、みたいな

のりでマーケティング、販売していて、ザ・モール・バンカピでも

専門のコーナーをもっているほどです。

そのうち、何をやっても、韓国には敵わない日本になってしまうかもしれません。


20101213foodland4
タイ産のトマトも、日本のトマトのようなものも生産できるようになって、
これはテーブル・トマトという名で、2つ組で45バーツ(約126円)。
一個63円だとすると、日本よりちょっと安い、ということでしょうか。




彼女が、風邪と、それによる頭痛はどうやら治まったのですが、

耳の奥がどうも痛む、と言い出しました。

昨日の日曜日(19日)に、近くの病院に行こうか、

と言うと、

今、中間試験中だし、それが済むまで、薬局で買ってきた薬で

なんとか我慢する、

という決心でした。

もうひとつ、彼女の馴染みの病院が、アヌサワリーにあり、

それ以外の病院の敷居が高い、というのも理由のように感じました。

まぁ、日本でも、自分が親しみを感じる病院に、できるならば

行きたい、と思うでしょうから、それは仕方ことだなぁ、と考えていました。


ところが、今日、月曜日の試験が終わったあと、どうしても痛みが酷くなった、

と言って、学校の帰りに、アヌサワリーの病院に寄って、診てもらった、とのこと。

こちらも、原因はたいそうなことはないようで、

薬をもらって帰ってきました。


やれ、やれ、

また、

ほっとしました。

僕は、ベン・ケーシーのテレビを見て育った人種ですから、

頭の中が痛いとか、耳の奥が痛いとか聞くと、

すわ、脳に腫瘍だ、脳外科手術が必要か、という怖れを

感じてしまいます。


だから、

その「ほっと」とした感情も、

他の世代より強いかもしてません。


ほんとうに、

ほっと。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
風邪、怖いですね。
 日本の農業の行方も本当にどうなるんでしょうか?
 責任者がまったくいなくて選挙の票目当てばら撒きが
 ずーっと、ずーっと続けられて来て
 政権が変わったら又新しいばら撒きですから・・・・・。
 気候に対する体の変化、
 私もそう感じるようになるんでしょうか?
 この2,3日は本当に朝晩は涼しいです。
 彼女も徐々に回復に向かっているようで
 良かったですね。
2010/12/21(火) 11:25 | URL | トマックス #90LdKUd6[ 編集]
気まぐれな気候
>これは、身体がタイ化して、少しの寒さにも敏感になってきってしまったのでしょうか?

残念ですが・・・・違うでしょう?
タイの乾季は11月~2月(3月からは暑季)ですが、平年は12月から2月中旬にかけては、日中も涼しく、夜間には毛布が必要なくらいの寒さ(?)です。
タイ東北部などでは凍死者が出るくらいの寒さになります。
ところが、昨年だけは、乾季に入っても気温が下がらず、まるで夏のような「冬」でした。

今年は5月が異常な数十年ぶりの暑さでした。雨季も降水量がとても多い年でした。
10月下旬に雨季が終わり、「冬」がやってきたような涼しさが1週間続きました。
ところが、その後暑さがぶり返しました。
12月に入っても暑さが続き、今年も昨年同様「冬」が来ないのでは?と」危惧していたら、16日に大雨が降り、一気に気温が下がり平年並みの気候になって来ました。
しかし、寒さも3日ほどで、20日からはまた気温が上昇中です。
気まぐれな天気が続きます。

>そのうち、何をやっても、韓国には敵わない日本になってしまうかもしれません。

韓国はゴルフ、フィギュアスケートなどスポーツ界は勿論、半導体、自動車、造船などの産業分野でも健闘していますね。

しかし、韓国経済は底が浅く、過去には経済破綻の歴史が記憶に残ります。1997年バーツ暴落から連鎖したアジア経済危機で、韓国はIMFの傘下にはいりました。2008年のリーマンショック時にも、通貨WONが暴落し、韓国経済は瀕死の状態に陥り、タイのゴルフ場を席巻していた韓国人は一時姿を消しました。

サムソン電子、現代自動車など一部の財閥に人的資源が集中し、韓国政府の支援で世界的な企業に成長しましたが、産業の裾野は小さいです。

昨今の韓国経済の隆盛も、通貨WON安が大きな要因でもあります。
アジア通貨は、日本円を筆頭に、中国人民元、タイバーツなど強過ぎる通貨が目立ちますが、WONだけが通貨安になっています。
日本経済は人口減少で先行きは不透明ですが、まだまだ足腰は強そうです。
中国を筆頭にアジア経済の活況に連れ、中産階級が急増、高級野菜・果物の需要が急増しています。
鎖国状態だった日本の農業の活性化の切り札になるかもしれません。
2010/12/21(火) 20:07 | URL | Honma #qbIq4rIg[ 編集]
去年、今年と暖冬なんですか・・・Re: 気まぐれな気候
Honmaさん、
昨年、今年と、タイは暖冬なんですね。
昨年も、あまり{寒い!」と感じた費はなく、
薄手のパジャマは着ましたが、上になにもかけることなく
過ごしました。今年は、それよりはちょっと肌寒いかな、
という程度に感じている状態です。
私は、いわゆる毛布といわれるものを部屋に持っていません。
ごく薄い、タオルケットがあるだけで、それも使うことが
めったにないのです。
(彼女は違います、それを2枚くらい重ねて寝ることもあり、です)
しかし、室温28度くらいのなると、肌寒いを感じるように、
自分もなって、「タイ化」したのかな、と。
28度、ですよ、日本では、夏の気温です。。。^O^

日本の社会・経済が、まだまだ足腰強し、と言えれば幸せで、
本当にそうであって欲しい、と願う今日この頃です。

アジアで、もっと中産階級が成長すれば、
日本の質の良い野菜をはじめとする農産物などが、多いに
売れる、という夢が実現するかもしれないのですね。
日本は、あらゆる意味において、いかに質の高い生活を目指し、
実現するか、いかに他国のモデルに成りうるか、
(経済モデル、としての役割はもう終えてしまった、かもしれません)
それが肝要だと、感じています。


> >これは、身体がタイ化して、少しの寒さにも敏感になってきってしまったのでしょうか?
>
> 残念ですが・・・・違うでしょう?
> タイの乾季は11月~2月(3月からは暑季)ですが、平年は12月から2月中旬にかけては、日中も涼しく、夜間には毛布が必要なくらいの寒さ(?)です。
> タイ東北部などでは凍死者が出るくらいの寒さになります。
> ところが、昨年だけは、乾季に入っても気温が下がらず、まるで夏のような「冬」でした。
>
> 今年は5月が異常な数十年ぶりの暑さでした。雨季も降水量がとても多い年でした。
> 10月下旬に雨季が終わり、「冬」がやってきたような涼しさが1週間続きました。
> ところが、その後暑さがぶり返しました。
> 12月に入っても暑さが続き、今年も昨年同様「冬」が来ないのでは?と」危惧していたら、16日に大雨が降り、一気に気温が下がり平年並みの気候になって来ました。
> しかし、寒さも3日ほどで、20日からはまた気温が上昇中です。
> 気まぐれな天気が続きます。
>
> >そのうち、何をやっても、韓国には敵わない日本になってしまうかもしれません。
>
> 韓国はゴルフ、フィギュアスケートなどスポーツ界は勿論、半導体、自動車、造船などの産業分野でも健闘していますね。
>
> しかし、韓国経済は底が浅く、過去には経済破綻の歴史が記憶に残ります。1997年バーツ暴落から連鎖したアジア経済危機で、韓国はIMFの傘下にはいりました。2008年のリーマンショック時にも、通貨WONが暴落し、韓国経済は瀕死の状態に陥り、タイのゴルフ場を席巻していた韓国人は一時姿を消しました。
>
> サムソン電子、現代自動車など一部の財閥に人的資源が集中し、韓国政府の支援で世界的な企業に成長しましたが、産業の裾野は小さいです。
>
> 昨今の韓国経済の隆盛も、通貨WON安が大きな要因でもあります。
> アジア通貨は、日本円を筆頭に、中国人民元、タイバーツなど強過ぎる通貨が目立ちますが、WONだけが通貨安になっています。
> 日本経済は人口減少で先行きは不透明ですが、まだまだ足腰は強そうです。
> 中国を筆頭にアジア経済の活況に連れ、中産階級が急増、高級野菜・果物の需要が急増しています。
> 鎖国状態だった日本の農業の活性化の切り札になるかもしれません。
2010/12/29(水) 00:51 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/568-4c447fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。