きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Honmaさんから、とても簡単だからとお勧めのあった、

国際免許証から、タイ運転免許証を取得すること、

今日、モーチットの陸運局(LAND TRANSPORT BUREAU)へ行き、

無事完了しました!

Honmaさんからは、簡単すぎて、拍子抜けするくらいですよ、

と言われていたのですが、

僕の場合、(簡単であると強く思いすぎていたせいでしょうか)、

はらはらする場面もあって、

「無事」免許証を入手したときは、実にホットしました。


事のてんまつは、こうです。


国際免許からの切り替えの必要書類は次の通りです。

●パスポート
●国際免許証
●日本の運転免許証
●居住証明書
●健康診断書

これらを用意して、陸運局のそばにあるコピー屋さんに行けば、

すべて必要なページをコピーしてくれて、受付表を頭に添付して

ホッチキスでとめてくれる。

あとは、受付表に名前などを記入し、陸運局の受付に提出、

番号札をもらって、処理を待つ。

こういう流れが、スムーズなのですが、

僕の場合、居住証明書まではすでに入手しており、

残るは健康診断書のみでした。

インターネットのなかに、健康診断書は、陸運局の周りにいる

バイタクの運転手に聞けば、近くのクリニックに連れていってくれて、

簡単に入手できる、との紹介がありました。

そこで、これを利用することに決めていました。


タクシーで、バンカピからモーチットの陸運局まで120バーツで

10時過ぎに到着。

今日は、彼女の中間試験の空き日なので、もちろん一緒に同伴です。

(私の通訳兼新規の場所へのガイドですから^O^)

待っていたバイタクが一台だけしかありませんでしたが、

話は良く分かっていて、クリニックまでの往復60バーツ、

クリニックでの健康診断書が60バーツ、

往復10分で済む、ということです。

彼女を残して、僕だけバイタクで出かけ、クリニックに着くと、

パスポートを出し、医師が差し出す赤い棒に「赤色」と答えるだけで、

健康診断書が出来て、60バーツを支払い、

本当に往復10分で陸運局へ戻ってきました。


それから、コピー屋さんを探しましたが、陸運局の内部に入ってしまうと、

上記のサービスをしてくれるコピー屋さんは無いらしく、

2階の陸運局の受付(INFORMATION)へ行き、必要なコピーの箇所を聞いて、

受付前にある、単純にコピーだけしてくれるコピー屋さんでコピー、

各コピーにサインして、再度受付に行って、受付表と番号札をもらって、

内部に入りました。


10時半頃でしたが、待っている人は3、4組で、すぐに僕の番。

担当の係官は、35台後半の、いかにも経験豊かな女性官吏に見え、

安心でしながら種類を提出。

いろろチェックした後で、やおら彼女が言うには、

日本の免許証は、タイ語か英語への翻訳を、大使館で行ってこなければならない、

それが無ければ、処理を進めることが出来ない、と。

僕の頭は、ガーン。

大使館での翻訳、なんていったら今日中の取得は不可能になってしまいます。

僕の彼女は、ただ通訳してくれるだけですが、

僕は、そんなことはないはずだ、ということを主張しなければなりません。

僕はまた、いったんタイの官吏がこうだ、と主張すれば、それを覆すことは

至難の業だ、ということも知っているので、

ああ、なんという運の悪い担当官に当たってしまったことか、

と内心嘆いてしまっていました。

しかし、ここで、くじけて、すごすご出直すわけには行きません。


強い抗議口調になることを避けながら、

じゅんじゅんと、説明しました。

自分は、日本大使館に行って、これからタイの免許証をとるのだけれども、

必要な書類は、国際免許証があれば、それで十分で、

日本の免許証の翻訳は不要であると説明を受けていること、

(実は、そんな説明は、もちろん受けていません。

日本の大使館員がそんな親切なサービスをしてくれるわけがありません・・・^O^)

そして、他の多くの日本人が国際免許証からの切り替えを行っており、

国際免許証は、必要な英文翻訳が付いているのだから、

それで十分だとして通っていること、

なにか、最近になって陸運局のルールに変更があったのか、

陸運局のホーム・ページには、なんら新しい変更の記述は載っていないこと、

(これも、僕が調べたわけではなく、でまかせですが・・・)、

などなどを、

強めの、はっきりした英語で、ゆっくり話したいると、

奥から、彼女の助っ人がやってきました。

この人も女性でしたが、僕の提出書類を全部見直して、

僕の、その担当官に、説明しだしました。

僕の書類で、十分であり、そのまま処理を続けるように、

と。

実に、救われる思いをしましたが、

その後で、僕の担当官が、コンピュータに僕の関連データを

入力する段になると、この人コンピュータの操作がほとんど危うげで、

また別の助っ人がやってきて、つけっきりでデータ入力を終了。

なんのことはない、この担当者、まだ見習い期間中のスタッフじゃ

ないのかぁ。

あやうく、彼女も無知のために、申請拒否されそうになったのにも拘わらず、

アイ・アム・ソーリーの言葉も、しぐさもありません。

こんなとき、僕は、何が微笑みの国タイランドか、って心から思ってしまうのでした。


さて、あ~ぁ、と思いながら、3階の検査室へ。

ここでは、

①色盲検査 2メートルほど離れた場所から、係官が示す赤、黄色、緑の
      色を答える。

②アクセルペダルを踏み、青いランプが見えたらブレーキ踏む検査
 青いランプが赤いランプに変わる前にブレーキを踏んでランプを止めるのがテスト。
 (赤いランプが見えたらブレーキを踏む、のではない)

③視野検査 (両側に赤とか青の印が見えるか確認する)

の3種類のテストが行われます。

僕は、この3番目のテストでちょっとイザコザになりました。

そこには、テストの趣旨と方法が、英語で書かれていて、

まずそれを読んでから、検査にはいりました。

そこには、視野検査、と明確にかいてあるので、

片方のサイドに何か印が見えたら、その右か左の手でもあげるのか、

と想像していたところ、

見えた色を言ってください、とのこと。

(僕の彼女の通訳、です)

最初は、右に「赤」が背景がランプで点されて明確に見えました、

次は左ですが、黄色らしいけれども背景のランプが点っておらず、

明確には見えません、それで、「ランプ切れていて明確に見えない」、

と答えたのです。

明確にみえるかどうかの、検査でもあるかもしれない、とさえ考えたので。

ところが、この係官、僕の「見えない」という答えに反応して、

検査は不合格だ、と言うではありませんか!

ここでも、検査の趣旨と、実際の検査の実際の不具合(ランプが切れている)

などについて、共通の認識にたった上で、

再度テストを行って、やっとOK、となりました。


再び、2階にもどり、検査結果表を出して、

そこで写真を撮って、

待つこと3分、

僕の、タイ運転免許証が出来上がりました!


タイの役人には、反対意見を言っても無駄だよ、

あきらめて従いなさい、

(タイ人は、役人や官営企業・大企業の人間の言うことに、

実に従順に従います)、

ということなのでしょうが、

僕は、どちらかというと、やはり粘るほうで、

上記の例にもあるように、

主張が当然のことで、通ることもあるので、

これからも、

こうした態度が続くことになると思います。

タイ語も話せないのに、よくやるなぁ、と自分でも思うのですが・・・。



やっとも思いで、タイ免許証が獲得できて、

かえって嬉しさ倍増、です。

帰りに、ラップラオのビッグCに寄って、

お祝いとして、

スポーツ・ワールドで、シュノーケリング・ベストを、二人分購入。


意気、洋々と、

家路についたのでありました。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
コメント
この記事へのコメント
 新米スタッフ・・・
 新米スタッフでもその言うとおりになるのでは本当に運が左右するんですね。
 私もいずれタイの免許証を取ろうと思っているので参考になりました。
2010/12/23(木) 06:16 | URL | トマックス #90LdKUd6[ 編集]
陸運局は女性係官が多いですね。
受付担当官が勘違いされて迷惑でしたね。
国際免許から切り替えの場合は、英文翻訳証明は不要です。
国際免許が無く、日本の免許証から切り替える場合は、日本大使館で翻訳証明を取る必要があります。
こんなことは事務のイロハですが、新米係官は混同したのでしょうね?

★タイの免許証への切り替えについては、バンコクの日本大使館のWEBサイトにも掲載されていますが、最新情報には更新されていないのでご注意ください。
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/license.htm
●ノンイミグラントビザ保有者またはタイ国永住許可証保有者に限る、とされていますが、陸運局によっては、観光ビザまたはノービザでも取得可能。
●「3か月以上タイ国に滞在」という要件も、陸運局によっては必要なし。
●「在留届済証明」も不要。
●写真は不要。
●手数料は4輪車が205B
2010/12/23(木) 11:23 | URL | Honma #qbIq4rIg[ 編集]
おめでとうございます
im8pさん、強いですね=(^0^)
すばらしいです。
私なんて役人にそう言われると、
その場で泣きそうになってしまい、
何気に諦めてしまうのですが....(笑)
無事取得成功おめでとうございます(^0^)/
2010/12/23(木) 15:44 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
Honma 様、管理人様、教えていただけないでしょうか?
Honma様、管理人様

教えていただけないでしょうか?


>1.ノンイミグラントビザ保有者
またはタイ国永住許可証保有者に限る、とされていますが、
★陸運局によっては、観光ビザ
またはノービザでも取得可能。

>2.「3か月以上タイ国に滞在」
という要件も、
★陸運局によっては必要なし


どこの陸運局ならこれら2つの条件を
クリヤ可能でしょうか?
1~2教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします
出来ましたら、バンコク都心がいいの
ですが・・・
2010/12/23(木) 16:22 | URL | やすひこ #HfMzn2gY[ 編集]
Re:  新米スタッフ・・・
トマックスさん、
タイでは、その担当者が、知っているか知らないかで、大いに
振り回されることが多いですね。ルールブックは自分だ、という
信念でもあるのでしょうか。
また一般の市民は、役人の言うことに反意を表わす、ということが
ほとんどなく、官高民低、言いなりですので、ますます役人が
増長するような気がしてなりません。。。
Honmaさんに勧められて、私もタイ免許をとることができました、
トマックスさんもぜひ、どうぞ。


>  新米スタッフでもその言うとおりになるのでは本当に運が左右するんですね。
>  私もいずれタイの免許証を取ろうと思っているので参考になりました。
2010/12/29(水) 01:01 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: 陸運局は女性係官が多いですね。
Honmaさん、
あやうい場面もありましたが、無事にタイ運転免許を所得する
ことが出来ました。これもHonmaさんが、教えてくださったから
出来たことです。
また、私のブログを読まれている方にも、大いに参考になった
のではないでしょうか?
大変、ありがとうございました。


> 受付担当官が勘違いされて迷惑でしたね。
> 国際免許から切り替えの場合は、英文翻訳証明は不要です。
> 国際免許が無く、日本の免許証から切り替える場合は、日本大使館で翻訳証明を取る必要があります。
> こんなことは事務のイロハですが、新米係官は混同したのでしょうね?
>
> ★タイの免許証への切り替えについては、バンコクの日本大使館のWEBサイトにも掲載されていますが、最新情報には更新されていないのでご注意ください。
> http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/consular/license.htm
> ●ノンイミグラントビザ保有者またはタイ国永住許可証保有者に限る、とされていますが、陸運局によっては、観光ビザまたはノービザでも取得可能。
> ●「3か月以上タイ国に滞在」という要件も、陸運局によっては必要なし。
> ●「在留届済証明」も不要。
> ●写真は不要。
> ●手数料は4輪車が205B
2010/12/29(水) 01:04 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/570-f54d5ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。