きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、植杉乾蔵さんのゴルフ観に触れて、

リフレッシュされ、

新たな気持ちでゴルフに取り組めそうな気がして、

一躍、ユニコに乗りこんでみたのが、月曜日。


それがなんと、前半9Hで4個の3パット、

後半9Hで池ポチャ5個、という小荒れ、大荒れで、トータル91。

意気込みが、完全にくじかれました。


中部銀次郎さんの「新編 もっと深く、もっと楽しく」

という本の最初の方のページに、こういう記述があります。


”パーがほとんど取れず、ボギー・ゴルフの合間に、ダブル・ボギーが出てくる。

いったんリズムに乗れば、40そこそこのスコアも出る代わりに、

あまり調子のよくないときはこうなるのが、

典型的なアベレージ・ゴルファーのゴルフなのだ。”


今の僕は、まったくこの様で、典型的なアバレージ・ゴルファーです。

スパイダー・パターにも慣れ始め、

前日での練習で、フェアウェイ・ウッドの打ち方にひらめきを得、

アイアン・セットもJ'sモデルからミズノMP-37に変え、

新鮮な気持ちで臨んだわりには、

あまりの変化の無さに、ちょっと気持ちがなえました。


しかし、ここからが大事なのでしょうね。



中部銀次郎さんの「新編 もっと深く もっと楽しく」は、

先日、プロンポンのワールド・ブックセンターで60バーツで買ったものです。

この「新編」の前の、「もっと深く、もっと楽しく」は、

10年以上も前に読んだことがありました。

その中で記憶に残っている箇所があります。

それは、中部銀次郎さんが、トップ・アマの栄光の頂点にあったとき、

多くの人にプロ入りを当然のように勧められたのだけれども、

たまたま杉原輝夫プロの練習を見て、その気持ちを断念した、という話です。

遠くのフェアウェイにキャデイさんを立たせて、杉原プロがフェアウェイ・ウッドの

練習をしていた。

そのボールが、何発打っても、キャディさんの近く、2メートルの範囲に、

収まっていくのだそうです。

この杉原プロの練習ぶりから、プロの恐ろしさを知って、プロ入りを断念した、

ということでした。


その他のところは、全部読みましたが、あまり記憶に残っていません。

何か、技術的なヒントでも得ようと読んだのでしょうが、

そういう点でのありがた味は、感じなかったように思います。


ところが、今回、この新編を読んでいるところですが、

これがなかなか面白い、と感じています。


”ハンディキャップが9だとすると、7番アイアンのショットでは、

確実に半分以上は芯に当たらない。目論見どおりの距離が打てるのは、

十のうちの一か二であろう。アバレージ・ゴルファーの目から見ると、

いわゆるシングル・プレーヤーならもっと正確なショットをすると

思うであろうが、実情はこの程度でしかない。スクラッチ・プレーヤー、

つまりハンディ0でも、7番アイアンで芯で打てるのは十のうち三から

四、狙ったグリーンに乗せられるのは、半分くらいのものなのだ。

信じがたいであろうが、事実である。

考えても欲しい、プロ・ツアーのパー・オン率のトップが - アマチュア

とは比較にならない長いコースでのプレーではあるが - 7割程度なのである。”


”飛ばし屋なのに、ハンディ10が切れないのは、

それだけショットが乱れる証拠でもある。”


などなど、腑に落ちる言葉が多く出てきます。

「もっと深く、もっと楽しく」

というタイトルの意味もなんとなく分かってくるようです。


さて、今日、火曜日は、

タイ人ゴルフ友人の、イチャイさんたちとパインでプレー。

やはり、まだパッティングに問題があり、

バーディ・チャンス(2メートル内外、とします)を3回外しましたが、

スコアは前半41、後半43(どうしてもビールを断れません・・・)

トータル84で、

僕としては満足の、一日でした。



今日も、

ゴルフの神様に、

感謝、

です。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


コメント
この記事へのコメント
 運の支配する世界
 ゴルフもやはり運が支配する世界なんでしょうね。
 ツキがいいと意外といいスコアーが出るのでは?
2011/01/20(木) 22:06 | URL | トマックス #90LdKUd6[ 編集]
Re:  運の支配する世界
トマックスさん、
「運が支配する」ということは少ないと思います・・・。
「運が悪かった」という前に、それは自分の技術の未熟さだったり、
自分の技術の自己評価が甘いせいだったり、単純に判断ミスだったり
することの方が、いかに多いか。。。ボビー・ジョーンズという人が
言っていることばに、ゴルフに於いては運と不運はおおむね相償いあう
ものだ、とあります。ツイてることは忘れがちで、ツイてないことだけ
グチるのですが、結構運良くパーであがれたりしているものだと、
自分ながら思っています。
一日18ホールを振り返れば、上の言葉で、結局のところ納得できます。
一日、ツキまくることも、長い間にはあって、飛び切りのスコアがでる
かもしれませんが、それはハンディ・キャップには関係ない、
まぐれ当たりなので、あまり嬉しくはないと思います。


>  ゴルフもやはり運が支配する世界なんでしょうね。
>  ツキがいいと意外といいスコアーが出るのでは?
2011/01/27(木) 12:04 | URL | imhappy #-[ 編集]
真摯に
 本当に真摯にゴルフと付き合っているんですね。
 良くても悪くても自分で冷静に反省する、それが出来る。
 全てにおいて大事なことでしょうね。
2011/01/30(日) 12:00 | URL | トマックス #90LdKUd6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/588-30e3e78a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。