きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーナカリン・パー3で、ウィーク・デイのプロモーションを使えば、

10時から5時まで、200バーツで打ち放題です。


自分の打ち方は全くの自己流で、

いろんな本を読んだり、TV番組を見たりしながらも、

正式なコーチやレッスンを受けたことはありませんでした。

練習場で、いろいろ試してみて、良い当たりだったかな、

と思われる打ち方を、繰り返して身体に覚えこませる、

という方法を取ってきました。

昨年の秋以降、スコアの平均が85近くになったとき、

よりいっそうの向上を求めて、ちょっとだけフォームの改善に

努めようと思いました。

それまで、日本の練習場で、上級者の方から、よく言われていたことを

思い出していたのです。

「ボールをとらえることは出来るようだから、

バックスイングをもっと真っ直ぐ後ろに引くようにしたら良い」

というアドバイスです。

距離を出したくて、自然にバックスイングを内側に引いてしまう癖が、

ずーっと続いているようなのです。

しかし、もっとまっすぐ後ろに引くように心がけると、

当たらなくなる、飛ばなくなる、

という結果に終わり、もとのもくあみ、

一番良い結果のでる打ち方にもどってしまうのでした。

一番良い結果、と言っても、安定性のあるものではなく、

ばらつきが多くて、打ってみなければ分からない、

というゴルフから抜け出すことが出来ないままにいました。


そこで、タイでゴルフをする機会も増えたのだから、

ここ一番、出来なかったことに取り組んでみようか、

という気になったのです。

その方法は、テークバックをなるべく真っ直ぐ後ろにとる、

同時にバックスイングを、もっと大きく取れるようにして、

距離の落ちるのを防ぐ、

というものです。

シャドウスイングで、左肩を入れ、腕を耳の高さまであげる、

ことができるように繰り返すようになりました。

それで、結構、結果がでるようになった、と思っていました。

大きくバックスイングが取れて、5番アイアンも安定的に、打てるようになった、

と思っていたのです。


そして、年初、植杉乾蔵さんのエイジ・シュートの記事を紹介された、わけです。

植杉乾蔵さんの現在の、力強いスイングもインターネット映像でみました。


長期間、ゴルフを続け、エイジ・シュートを達成するには、

今のスキルをもっと向上させておかねばならない、のではないか?

そこで、インターネットの映像から、ゴルフのフォームについて

学ぼうと思ったわけです。

ここから、迷走が始まってしまいました・・・。^O^


インターネットには実に様々なゴルフ情報があり、

YOUTUBEの映像だけを取ってみても、飽きることがありません。

全世界で、いかに多くの人が、ゴルフに取り組み、悩み、

その時間と情熱をつぎ込んでいるか、微笑ましいかぎりです。

その中で、まず気持ちが惹かれたのが、Gold One Golfというところが

主張しているスイングです。

ここでは、昔の理論を否定し、新しくシンプルなスイングを目指しているらしく、

僕の年齢での改造には、シンプルが一番ですから、いいかな、と。

僕にとって、もっとも特徴のあるのは、そのバックスイングの小さなこと。

そこから安定し、確実なボールを打つことが出来る、と思わてくれます。

これは、自分が昨日まで取り組んできた、バックスイングを大きく、

ということとは真逆な方法論で、面白いな、試してみようと思いました。

練習場で、打ってみると、なかなか良い感じ、があります。

しかし、今までの方法とあまりに違いすぎるので、

両方の方法で、打ち比べたりしているうちに、

2,3回練習したあとで、まったくの混乱に陥ってしましました。

どちらも、快心の当たりが出なくなってしまったのです。。。


そこで、もう一度、バック・トゥ・ザ・ベイシックで、

他の映像をさがしていると、やはり、ワン・プレーン・スイングというところに

興味の目が集まりました。

今、もっとも普通に信じられ、学ばれているスイング理論ではないでしょうか。


(いろんな情報を見ているうちに、今、タイガー・ウッズが取り組んでいる

スイング改造が何であるか、知ることができました。

実に大きな改造だと思います。昨年秋ごとから、取り組んでいて、まだ実戦で、

その成果を発揮できないでいる、改造です。

タイガーは、現在もっとも進化している理論、ということを信じて改造に踏み切った

のでしょうし、過去においても、フォーム改造には相当の時間がかかっている、

ことからもまだその成否を論じるべきではないのですが、

なんだかこの改造、彼の年齢、彼の状況を考えると、

大きすぎるような危惧を感じてしまいました。

なにごとにつけ、スポーツで王者になるには、心・技・体の優れていなければならないと

言われます。

タイガーも最大の強みは、僕の見るところ、技よりも、体の強さよりも、

心のさ、運までも引き寄せるような精神の強靭さ、だったと思っています。

その心が、昨年のスキャンダル以来、折れてしまったまままだ回復していません。

あるいは、将来とも過去のような心の強さには戻れないのではないか、

と心配したりしていますので・・・。

勝つことが心の回復に必要である、とも言えるし、勝つためには心の回復が

まず必要なんだ、とも言えます。外野から、なんだかんだと勝手に思って、

楽しんでいるのですが。。。)



今、取り組んでいるのが次のポイントです。

これが、なかなか、出来ないのです。

こんなことが、と思いますが、

2度、3度と違う日に、練習場で映像を取って見たのですが、

その外れっぷりに、がっくりします。






しかし、これは、まだ続けようと思っています。


このように、今になってのフォームの改造、

というより初めてのフォームの確立を目指させてくれるものが、

シーナカリン・パー3の練習場の存在です。

特に、その週日プロモーション。

練習場で、4時間過ごすことが、あっという間だと感じるうちは、

ゴルフは健康のため、という僕のコンセプトを守りながら、

技術の向上に向かうことを許してくれている、と思っています。



あきらめるのが先か、身体を壊すのが先か、

とは言っても、

技術のマスターが先か、

とは誰も言ってくれそうにない、

孤独なチャンレンジであります。


それを、

愉しんでいます。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
 ゴルフ道一直線
 そこまで打ち込んでやれる
 ゴルフの魅力、奥深さ。
 無理し過ぎないように愉しんで下さい。
 暑さが厳しくなってきています。
2011/02/07(月) 07:22 | URL | トマックス #90LdKUd6[ 編集]
ゴルフの真髄
ゴルフ理論の話になってから投稿の回数が増えてますが、私もゴルフ歴の大半を自己流でやってきました。
二十歳からまずドライバー一本を買って1年間練習場通いを始めて40年になるゴルフ歴ですが、
実質最初の30年は年3、4回のプレイですからキャリア的には15年くらいでしょうか。
10年前にタイに赴任した時に、毎週土日とタイの休日のラウンドを含めて年間100ラウンド超と日本では経験できない体験をしてから今ではセミアマ?を目指してます。
ともかく出来る限りプロ級のスウィングと球筋を求めて日々研究に励んでます。

今回の動画のレッスンは今、通用する理論に基づいているとおもいますよ。
テークバックをまっすぐ引くのはスタートから2~30センチだけで、後は肩の回転にまかせて余計な力が入らなければ、ごく自然な動きでテークバックは完成すると思います。

長くなりますのでこのへんで次の機会にします。

2011/02/07(月) 20:28 | URL | ゲーレーオ #-[ 編集]
練習の成果が中々現れませんが・・・Re: ゴルフの真髄
ゲーレーオさん、
二十歳のときにドライバー一本買って練習場に通った、という時にすでに、
今日のゲーレーオさんのゴルフへの打ち込みの芽が生まれていたのですね。
さらなる上級・プロ級のスイング・球筋をもとめて研究している、
心強いです言葉です。
私は、年齢も年齢だからスイングを向上させるなんて無理かな、と思ったりもするのですが、
ゲーレーオさんの言葉に励まされながら、もうすこし努力を続けてみようと思います。
動画レッスンのように、やっているつもりでも、自分のスイングを映像にとると、
全然進歩・変化していないのに唖然としたりしています。本当に、徐々にしか変わらない、
もののようですが、まだあきらめません!^O^


> ゴルフ理論の話になってから投稿の回数が増えてますが、私もゴルフ歴の大半を自己流でやってきました。
> 二十歳からまずドライバー一本を買って1年間練習場通いを始めて40年になるゴルフ歴ですが、
> 実質最初の30年は年3、4回のプレイですからキャリア的には15年くらいでしょうか。
> 10年前にタイに赴任した時に、毎週土日とタイの休日のラウンドを含めて年間100ラウンド超と日本では経験できない体験をしてから今ではセミアマ?を目指してます。
> ともかく出来る限りプロ級のスウィングと球筋を求めて日々研究に励んでます。
>
> 今回の動画のレッスンは今、通用する理論に基づいているとおもいますよ。
> テークバックをまっすぐ引くのはスタートから2~30センチだけで、後は肩の回転にまかせて余計な力が入らなければ、ごく自然な動きでテークバックは完成すると思います。
>
> 長くなりますのでこのへんで次の機会にします。
2011/02/11(金) 01:08 | URL | imhappy #-[ 編集]
何事も集中するときがあって身に付くのではないかと・・・Re:  ゴルフ道一直線
トマックスさん、
なんでもそうでしょうが(タイ語の勉強含めて)、
あるとき集中してやらないと身に付かないものがあると思うのです。
いま、この年齢で、ゴルフのスイングを覚えようとしているので、
時間を忘れています。
無理だったら、身体と心が信号を発してくれるだろうと・・・。
トマックスさんも、タイ語の勉強、順調そうですね。
お友達も増えたりしていますか?


>  そこまで打ち込んでやれる
>  ゴルフの魅力、奥深さ。
>  無理し過ぎないように愉しんで下さい。
>  暑さが厳しくなってきています。
2011/02/11(金) 02:00 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/594-450dec55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。