きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1000257(1).jpg


P1000258(1).jpg


P1000261(1).jpg


P1000262(1).jpg


P1000267(1).jpg


P1000270(1).jpg


朝目覚めると、空がどんよりと曇っている。
まずい!
昨日までの二日間、夏日を思わせる天気だったのに。
あわてて、天気予報をみる。
なんだって~今日も、明日も、しっかり80%雨の予報が出ている。

5月11日~12日の二日間、東京代々木公園で、2008年タイ・フェスティバルがある。
僕にとって、初めてだが、一週間前に、インターネットで知って、行ってみようと思っていた。

もう一度、インターネットで確認すると、雨天決行、とある。
タイも今は、雨季なのだから、雨が降ってもいいさ、という気になった。

早めに、千葉の家を出て、山の手線に乗るころまで、誰も濡れた傘をもっていない。
結婚式に出席する、20歳代の女性二人が、着物姿で乗ってきた。
座っている僕の目の前に立ち、会話を続ける。

「バンコクから2時間くらい、、、南なの」
「それで、友達できた~」
「それが、話をする人はいるんだけれど、友達をなるとね~」
「ふ~ん、そうか~、日本でだって、そうかんたんに友達できないもんね」

なにやら、僕がタイ・フェスティバルに行くことに合わせたような、内容の話だ。
東京中の、人間が急にタイに興味をもったような。。。

原宿駅で降りると、もう雨だった。
代々木公園の方にむかって、歩いていくと、やはりタイ・フェスティバルに行くのであろう人たちが、ぞろぞろ歩いている。
会場まで、道に迷うことはなさそうだ。

天気には恵まれなかったのだが、大変盛況だった。
例年、30万人以上の来場者になる、そうだ。
まあ、レストランの多いこと・・・。
東京中心に日本で営業しているレストランが出店しているのだろう。
その数、50店舗ほど。
人気の店では、大変な、行列だ。

フェスティバル、ということで、お祭り気分で家族ぐるみ、やってくる人も多そうだ。
日本流にいうと、木下にゴザをしいて、飲んだり食べたりしている家族の面々。
小雨、なにするものぞ。

僕が何故、タイ・フェスティバルへ、って?

30歳以上シニアな人達にとっても、恋愛・結婚の対象として、タイ人はどうだ、
と、
真剣に考え始めているのです。
右上のタイ・ラブ・リンクは、タイの真面目なデート・サイト(出会いサイト)です。

これから、ブログで紹介していきます。

P1000271(1).jpg


P1000272(1).jpg





Thai Dating, Singles and Personals


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。