きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先回のバンコク訪問で(7月6日から、28日まで、約3週間)、タイ・ラブ・リンクで知り合えた女性15名の女性たちと、デートしました。
(前の日記に、13名と書きましたが、あとで思い返すと、15名でした!)

自前でセットするお見合い、です。
7月の出発前に本命、と決めていた女性とは、何回か会いましたが、ほとんどは、1回会ったきりで、終わった人たちばかりです。
明確に、この彼女とはダメだ、と決定した女性もいれば、相手にその気があれば、もう何度か会って、よく知りたい人だな、という女性もいます。
後者のような人でも、なんとなく、強く惹かれることがなければ、お互いに、2度、3度とデートの誘いはかけないものですね。
1度会った後、もっと知りたい女性かな、と思えば、こちらから2度目のデートは、必ず申込ます。
それが、エチケットでしょう。
でも、それに対して、エチケットとしてのおざなりの返事が来て、相手の心の熱さ加減が分かります。
そういう相手は、それきりになります。
これは、タイ・ラブ・リンクに、その他大勢の女性会員がいるから、つい新しい相手を求めてしまう、という弊害かもしれません。
もう少し、しつこく、というと語弊がありますね、マメに、付き合おうと努めてみる方が、良いかと思うことがあります・・・。

その中で、一人、こちらの気持ちが動いて、相手の気持ちも同調してくれた相手がいます。
スーチーと言います。
彼女は、ぼくがバンコクに行って2週間目の頃に、タイ・ラブ・リンクで新たにやりとりを始めた相手です。
2、3度のメール交換のあと、今バンコクに居るので、会いたい、というと、良いですよ、という返事。
ただし、3日後に、と言います。
そして、自分の親友を連れて行きたいが、良いか、と訊いてきます。
2度目は、1対1で会うから、と。

大体の女性は、初対面のときに、一人で来るのを嫌がります。
危険もあるし、嫌な思いをすることを避けたい、という気持ちでしょう。
まぁ、当然です。
まして、メールでさえ、何度も交換しているわけではないのですから。

しかし、こちらとしては、できれば二人で会う方が良い。
出会いサイトに登録している女性会員で、ごちそうになったり、プレゼントをもらったりすることを目当てにしてる人もいますから。

あとで分かったことは、3日後にして、と言ってきたのは、彼女のその親友の仕事休みの日だったのでした。

その日会って、Oishi Expressの、日本食バイキングで1時間半を過ごし、会話して初デートはあっさりと、終りました。

ロビンソン・デパートの前で、初対面で相手を見た時、ああ、良い人だ、と感じました。
初めて、写真で見た印象より、良い感じを受けた女性です。
顔が小さく、スラリとしていて、オーキッド(蘭の花)のようです。
大体は、写真とは、幾分違った印象を受けてしまうもの、というのが、今までの経験でした。

ネットで知り合った男性とデートするのは、これが初めてです、という言葉が残りました。
当然、疑問符、として残ったわけですが、、、。

ただ、嘘だったら、そんな子供っぽい嘘をつかなければならない、理由がわからない、という気がしました。
英語が、あまりできないので、そのことは、彼女の友人に通訳してもらいました。
こんな単純な嘘を、友人の口を使って言うだろうか、という思いもわいてきます。

それは、本当かもしれない。
と思い始めました。

バンコクで会ったのは、1度切りでした。
彼女は、ピッサヌロークというバンコクから500KMほど北に位置する市に住んでいて、帰らなければならない、と言うし、ぼくはぼくで、日本への帰国の日が近づいていたのです。

ぼくが出発の日は、空港から、必ず電話してね、と言います。
だから、最後にバンコクで話した相手が、スーチーだった、ということになります。

日本に帰ってからも、スーチーとのメールと、毎日のチャット・デートが続いています。

これは、本物になるかもしれない。
そんなわくわくをかんじているのです。



Thai Dating, Singles and Personals



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/60-04f9dce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。