きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜日に、「そうだ、まだ君がいたんだ」、というブログを書いてから、

今日はすでに土曜日で、ほぼ1週間、ブログ更新なしで過ごしてしまいました。

驚いたことは、

この間、ずいぶん温かいコメントやメールをいただいたことです。

励まされたことも多く、

皆さんに感謝しております。


このブログの目的は、

まず第一に、僕自身の生活の(記憶のための)記録でありますから、

日々に経験したこと、感じたこと、考えたこと、

困ったこと、うれしかったことを書いていればいいわけです。

自分の記憶なんて、本当にあいまいなもので、

実際に、2年前の自分のブログを読んで、

ビックリしてしまうこともあります。


そういう意味では、今週一週間も、いろいろなことがあったわけですが、

やはり、それをすべて書く、ということにはなりません。


その中で、残しておきたいことを、少しばかり。

1.「リタイヤしてから後悔しないために」、というのは、

月刊日経マネーの記事を基本にまとめた、日経ウェブのマネー欄で閲覧できる、

特集記事です。

これは、以前にも触れた日経ウェブ・マネー欄の、

財活で一億円、50代編

の一環のトピックなのですが、こうした記事を、

自分の現状をチェックしたり、振り返ったりするために、

目に触れるたびに読んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【リタイア後の満足度が高い人 vs. 低い人 ここが違う!】

満足度が高い人
・リタイア前に老後の収支を試算
・50代から生活費削減を意識
・住宅ローンは退職までに終了
・子供は独立、生活費は夫婦2人分
・少額でも勤労収入がある

満足度が低い人
・退職金(一部)をローン返済に使った
・50代で教育費、車の買い替えなどに積極消費した
・生活費が収入を大きく上回る
・加入している保険の内容を誤解
・日本株に積極投資した

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というようなサマリーがあり、耳が痛かったりします。

まあ、リタイヤしてから後悔しないように(満足度が低い生活を送らないように)、

今から財活しなさい、という書き手の趣旨になるのですが、

それでは、いくら蓄えないといけない、と言っているかと言うと、

3000万円。

この3000円を算出する論拠が、次のようなものです。

20110518nikkeidata

恐ろしいほどのザックリ加減で、

夫婦で85歳まで生きたときに、

生活必要資金から、公的年金その他を当てても不足する分を月4.2万円、

それが20年で1000万円、

その他の必要経費も、ザクザクざっくりで、

とにかく「3000万円」という数字を出すだけが目的の試算表です。


あはは、のファンド・マネージャーのプランの始まりです。

自分も昔、社内の予算取りで、目標額は先に決まっていて、

それを裏付ける根拠を、フィクションで作り上げたことを思い出したり・・・。


しかし、この3000万円という数字は、あちこちで見かけます。

サラリーマンが、規定の定年までフルに働き、

それなりの退職金と公的年金を受けたとして、

夫がリタイヤするときに、蓄えとしてもっていなければ安心できない、

という額が、3000万円。


また別の記事でも、3000万円という数字がはじき出されています。


「専門家に聞く 年代別の老後資金作り」

ここでは、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金融商品評価会社モーニングスターの試算によると、
夫がサラリーマンの同年齢の夫婦がともに87歳まで生きた場合、
60歳以降に必要な2人分の資金は「日常生活費を最低、月額25万3千円と仮定した場合でも、
総額8200万円程度」。
ゆとりある生活を目指すなら1億円を超える。
公的年金(約5千万円)や退職金などを差し引いても、なお3千万円程度不足する計算になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここの月額25万3千円と言う数字は、

現在60歳以上の、元サラリーマンが、定年退職までフルに勤め上げて、

夫婦でもらえる年金額に、だいたい相当するのではないでしょうか。

(僕自身は、早期退職で、夫婦込みの額でもないので、

自分のもらう年金額からは、正確に判断しきれません・・・)

まぁ、違っていても、それに近い数字ではないでしょうか。


といっても、これは、上に書いたように、現在年齢が60歳以上の人間で、

もっと若い世代では、

受け取る年金は5000万円、退職金は平均2000万円、

という計算は(今のところ)出来ないことになってしまうと思います。


ここでもっザックリ議論ですが、

夫婦が87歳まで生きると仮定して、

ゆとりある生活を送るのに、60歳から必要なお金は、

一億円、ということを言っています。

月額、約、31万円。


それには、60歳以上の人間でも、3000万円は退職前に手当てしておかねば

ならないでしょう、

という「3000万円」の結論は同じ、

です。


僕個人の具体例では、

90歳まで生きることにしていますので(エイジ・シュートの観点から^O^)、

60歳から30年間で、公的年金を、6580万円もらう皮算用でいます。

といっても、ここから税金を引かれ、保険料を引かれで、

(政治の流れでは、老人いじめがより厳しくなって行きそうですので)

実質額ははるかに低い金額になるとは思いますが。。。


一億円に不足の分は、企業年金で、まかなえそうです。


上記の記事を読んで、

他の人は、どうなんでしょうか?

しまった、

と思うひともいるでしょうし、

また財活のための、経済紙のプロモーションか、

と切り捨てるひともいるでしょう。


実際、これからの人生で、どれだけのお金がかかるのか、

あるいはお金だけが、安心の源泉なのか、

首を横に振るひとが多いのではないでしょうか。


お金より、

健康、家族、友人、人生の愉しみ、

それらに恵まれているひとの方が、

はるかに安心で、ゆとりある、楽しい生活を送れるはずだ、

と思います。


そのためには、

リタイヤしても、人生からはリタイヤしないこと、

それが肝心だ、

と思うのです。


いつか終わりはやって来るけれども、

それが来るまでは、

人は成長し続けることができる、

そう信じてみたい、

と思っています。



2.いよいよバンコクも、雨が多くなりました。

今週は、水曜日にタイ人ゴルフ仲間とプレーする予定だったのですが、

起きてみると朝方雨が降った模様。

8時に電話があり、パイン・ゴルフは水浸しだと、キャディから連絡があったので、

今日は中止で、明日にしよう、ということに。


そして翌木曜日に出かけたのですが、

今度は、スタート時の11時は快晴だったのに、

3ホール目を終わったところで、雷を伴う豪雨の状態。

東屋で、雨よけすること30分、

小降りになったので、次のホールに出たのですが、

ここでまた豪雨の続き。

こんなことは初めてでした。

これまでは、いったん豪雨が止めば、それで終わり、

というケースばかりでした。

濡れながら、休憩所に駆け込み、待つことまた30分。

雨は、止みましたが、空模様があやしく、

グリーンもフェアーウェイの水浸し、

僕たちは、そこでレイン・チェック、中止ということに決定しました。


ところが、シャワーを浴びて、

クラブ・ハウスのレストランから外を見ると、

快晴になり、フェアーウェイは緑に輝いているではありませんか。


あと30分待てば、どんな雨でも、

パインではプレー出来るようになる、

という教訓を得た、のでした。



いろいろあって、

今日も、

感謝。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
リタイア後の生活費
私は退職後の生活費70歳まで年金+月20万、
 80歳までは年金+10万の計算でやっています。
 でもBKKにコンドを購入して住んでいるので
 計画の半分も使っていないようです。
 尤も今はタイ語の勉強に夢中でそう遊びに出ないので。
 それが終わったら大国内を旅して回ろうと計画中です。
 そうなったら車を買うべきなんでしょうね。
2011/05/25(水) 20:52 | URL | トマックス #90LdKUd6[ 編集]
Re: リタイア後の生活費
トマックスさん、
リタイア後の生活設計の試算、教えていただいてありがとうございます。
年齢とともに、必要なお金も少なくなっていく、先を読んだ、安定した
計画ですね。既にバンコクにコンドミニアムを購入済み(支払い済み)
ですから、この計画で、楽勝の見込み、うらやましく思います。^O^
本格的にタイの国内を旅行しまくるのであれば、車の旅はすばらしい
ものに思えます。以前、車のことに触れられていたときは、
バンコク内での足回りとしてお考えのことか、と思い、あまり賛成する
気はなかったのですが、タイ国内巡り、というのであれば、話は別です。
大いに、賛成します。ちなみに私の場合は、ゴルフをする、ということで
クルマを持つ決心をした、ということでした。
いま、住宅を決めようとしていますが、その前提には、当然車での生活が
入っていますから、何が、何を引き出すか、選択の範囲を広めるか、
わからないものだと、感じています。
トマックスさんも、旅行のために、と思った車が、意外な行動範囲を
示してくれるかもしれません。
バンコクでタイ語の勉強もいいですが、暇を作られて、そろそろ旅行も
始められたら、どうでしょうか?^O^




> 私は退職後の生活費70歳まで年金+月20万、
>  80歳までは年金+10万の計算でやっています。
>  でもBKKにコンドを購入して住んでいるので
>  計画の半分も使っていないようです。
>  尤も今はタイ語の勉強に夢中でそう遊びに出ないので。
>  それが終わったら大国内を旅して回ろうと計画中です。
>  そうなったら車を買うべきなんでしょうね。
2011/05/30(月) 20:40 | URL | imhappy #-[ 編集]
 頑固一徹
 旅行のお勧めありがとうございます。
 老いの一徹というわけではないんですが
 一応出来ても出来なくてもこの9月までと
 自分で期限を限定して象さん文字をやっています。
 今はその為に料理教室へ毎日楽しく通学。
 ソーソートの語学学校へ2ヶ月ちょっと通ったのですが
 やはり耳を慣らすのが肝心だと実感しました。
 0845から1300位までテントの下でエアコンなしの教室で
 汗を流しながら若い子らに混じって楽しくやっています。
 経費はその日の食材費を生徒の頭数で割った40バーツ程度。
 多少は耳も慣れてきたような気もします。
 青春真っ只中の私ですが妻もいるので
 魅惑の微笑の誘惑には負けられません。
2011/06/04(土) 05:24 | URL |  トマックス #90LdKUd6[ 編集]
ばんこく生活、快適そうですね 。。。Re:  頑固一徹
トマックスさん、
タイ語へのあくなき挑戦、敬意を表します!^O^
私はすっかり、挫折、しています。^O^
料理学校、とは感心しました。
私の元同僚が、定年を迎え、日本で料理学校へ通っている、
という話は聞いていましたが、おなじことをバンコクで
敢行されるとは。楽しそうです。
奥様からは、逃れられそうにありませんから、
ご一緒に、思いっきり、どこまでも!


>  旅行のお勧めありがとうございます。
>  老いの一徹というわけではないんですが
>  一応出来ても出来なくてもこの9月までと
>  自分で期限を限定して象さん文字をやっています。
>  今はその為に料理教室へ毎日楽しく通学。
>  ソーソートの語学学校へ2ヶ月ちょっと通ったのですが
>  やはり耳を慣らすのが肝心だと実感しました。
>  0845から1300位までテントの下でエアコンなしの教室で
>  汗を流しながら若い子らに混じって楽しくやっています。
>  経費はその日の食材費を生徒の頭数で割った40バーツ程度。
>  多少は耳も慣れてきたような気もします。
>  青春真っ只中の私ですが妻もいるので
>  魅惑の微笑の誘惑には負けられません。
2011/06/05(日) 13:00 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/641-8908c496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。