きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝の散歩に行くのは、NIDA大学の校庭です。

朝起きて、すぐ20分ほど歩いて、戻り、

朝食をとってから、また30分ほど歩く、

というのが、日課になっています。

ときどき、そのどちらかが省かれてしまいますが、

大体、守っています。


20110711nida1
裏門のような入り口から入ったところ。
今日は、なぜか、かなりの車が駐車しています。


20110711nida2
サッカーもできる、この庭の四方を、
歩くことになります。


20110711nida3
四辺のうち、長い二辺が屋根に覆われていて、
日が強くても、雨が降っていても、平気です。



20110711nida4
ウォーター・カーテンと呼んでいます。
ここを通るときが、一番涼しい。


20110711nida5
そして、この人魚姫に、朝のあいさつをするのが、
楽しみなのです。


2011071nida6
NIDA創立45周年。
今年の秋には、大きな国際コンファレンスが開催されるようです。
テーマは、Governance And Poverty Reduction 
in Developing Countries.
タイは自国を、Developing Countryと位置付けているのか、
どうなんでしょう?
ちょっとのぞいてみたい、コンファレンスです。


20110711nida7
そして、これが、図書館がある建物。
散歩している道に面しています。
1階に文具店や銀行や、SETの支援で建てられた
読書室などがあり、
2階から4階までが図書館。


ということで、

今日は、ゴイの授業が休み、ということもあり、

この図書館に行ってみました。

入り口で、20バーツの入館クーポンを買い、

写真の付いた証明書を出すと、

(ゴイはIDカード、僕はタイ運転免許証を出しました)、

入館カードをくれて、一日、出入りができます。


英語の本は、4階のフロア全体を占め、かなりの数です。

古い本から新刊まで、

あらゆる分野にわたってあります。

僕にとって、涙がでるほどうれしい蔵書ぶり、

とはとても言えませんが、

まぁ、読みたい本は何冊もありました。

そして、2階の入り口フロアーには、

The Nations, Bangkok Postの、

英字新聞が置いてありますので、

2日に一度は、

散歩の終わりに、立ち寄って、時間をつぶしても良い場所、

と思いました。


NIDAの学生でなければ本の借り出しはできません。

しかし、本のコピーは許してくれます。

ゴイは、日本語の「助詞」について、

英語で説明している本を見つけて、コピーを依頼しました。

実際には、図書館の近く、キャンパ内にあるコピー屋さんが

やってきて、コピーをしてくれます。

ゴイの本は130ページくらいで、

65枚ほどのコピーになります。

それで、コピー代、30バーツ。

1枚、0.5バーツ以下ですから、安い。


近いし、なかなか利用価値のある、図書館だと思いました。

(以前、タイの国立図書館に行って、その貧弱さに、

がっかりしたことがありましたが、

NIDAの図書館では、あのときの絶望感は感じませんでした)


さて、話は変わって、

今日のタイトル、「ブラームスはお好き」です。

昨日のブログで、

ブラームスの曲当て宿題の話を書きました。


そして、せっかくの縁なので、もっとブラームスに触れてみよう、

と思ったわけです。

昨日、ちょっと彼のプロフィールをインターネットでのぞいただけで、

ベートーベンの後継者と呼ばれることがあったり、

古典的スタイルを維持する正統派で、新古典派と呼ばれたり、

まあ、簡単に言えば、

渋く、重厚で、深い、大人の音楽だろう、

(それで、あのサガンの小説にも使われたのだ、

大人の世界のシンボルとして、というのが僕の解釈)

それなら、まじめに聴いてみよう、と思ったのです。

これが、僕の、クラッシクへの入り口になるかも、

しれません。


聴く、

といってもCDを買ったり、云々、

ではなくて、

さしあたり、YOUTUBEで演奏動画を集めて、

馴染んでいこう、


そう決めました。

そして、彼の、たとえば、交響曲4番について、

第一楽章から第四楽章までの演奏画像を、

指揮者ごとに集めて、ファイルを作り、

まとめて聴くことにします。

交響曲4番についていえば、

カラヤン、フェルトベングラー、クライバー、バーンスタイン、

などの演奏が、すぐ集まってしまいました。


ところで、そうしているうちに、なんということでしょう、

驚くべき発見をしたのです!

というのは、

上にも書きましたが、

サガンが小説の中で「ブラームスはお好き?」という会話を、

非常に大事なメッセージを内包する言葉として使い、

小説のタイトルにまでしたこの言葉を、

僕は、「大人の世界」のシンボルとして、

若い25歳のシモンと、アラフォー39歳のポールを、

結び付けあう、接点として、機能するように、

巧みに持ち出した、甘やかな世界への導きの言葉、

と思っていたのでした。

いまでも、そうなのだろう、と思っているですが、

(もう、ず~と以前に読んだきりですので、

そう思い込んでいるだけかもしれません・・・)、

実は、もっと直接的な、意味合いをも、

サガンは持たせていたのではないか。

これは、直接すぎて、あえてどこでも、言わなかったでしょうが?

それがなにか、といいますと、

ブラームスの生涯を読むと、

彼とロベルト・シューマン、クララ・シューマンとの

交わりが紹介されます。

ブラームスを「天才現る」と世に送り出したのはシューマンであり、

ブラームスもシューマンを深く尊敬していました。

そして、シューマンのライン川への投身自殺未遂の後、

シューマン家の面倒を見るうちに、やがてクララを愛するように、

なるのです。

この時、クララ35歳、ブラームス21歳、です。。。


どうですか?

4歳ずつ足すと、ポール39歳、シモン25歳、と一致します。

作品を書いたときのサガンは22歳、です。

サガンは、

シモンが、ポールに、

ぼくは、あなたを、ブラームスがクララを愛してしまったように、

愛してしまったのです、

いいでしょう?

と暗喩をかけて、誘って、いるのです!


映画、「ブラームスはお好き」の、

その場面で、使用された音楽は、 ブラームス交響曲3番3楽章だそうです。

とても、ロマンチックな、音楽で、うっとりします。


遠景からステージ全体を見続ける画像を選んでみました。

あたかも、ポールとシモンが一緒に観ている気分を出して・・・。






ちなみに、

小説「ブラームスはお好き」で、この会話が語られる場面を、

説明してくるサイトをご紹介します。

シモンがポールに語る、小説の主題でもある、有名な言葉も、

記されています。

フランソワーズ・サガン ブラームスはお好き


今日は、長々と、(今日も、ですか・・・^O^)、

僕の一人がってな、発見?などに付き合ってしまった、

時間をむだにした、

と感じてしまった方、

申し訳ありません。

これも、僕にとっての、面白い出来事のひとつだったので、

僕として、書き留めておきたかった、

のです。


感謝。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


コメント
この記事へのコメント
タイって緑が多くていいなー。
ウォーターカーテンとか超涼しそう!
姫ゎ詳しくないけど、ブラームス好きってなんか渋くていい♪
2011/07/12(火) 13:06 | URL | 姫 #-[ 編集]
ブラームスとても良かったです!
BQと申します。初めまして。

ブラームス交響曲3番3楽章は初めて聴きました。

落ち着いた感じのメロディーで、なんだか優雅な気分になりました^^

応援ポチさせていただきました。
2011/07/12(火) 16:42 | URL | BQ@タイニュース #Y4ecaAXY[ 編集]
ウォーターカーテンはお好き?
姫さん、
タイの緑、案外少ないなぁ、というのが、私の本音なんですよ。
近くに緑のある場所を求めて、部屋を苦労して、さがしていました。
今の場所は、緑、散歩、という面で気に入っている場所なんです。
ウォーターカーテン、涼しいです。
朝散歩で通り過ぎるだけで、スーッとします。
音も良いですし。なかなかのお気に入りです。
ブラームス、少しずつ、好きになっています。


> タイって緑が多くていいなー。
> ウォーターカーテンとか超涼しそう!
> 姫ゎ詳しくないけど、ブラームス好きってなんか渋くていい♪
2011/07/25(月) 20:49 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: ブラームスとても良かったです!
BQさん、
お越しいただきまして、ありがとうございました。^O^
ブラームス。
なんだか小難しそうなおじさんですが、ロマンスがいいなぁ、と
思います。
もっと、聴いてみたいと思います。



> BQと申します。初めまして。
>
> ブラームス交響曲3番3楽章は初めて聴きました。
>
> 落ち着いた感じのメロディーで、なんだか優雅な気分になりました^^
>
> 応援ポチさせていただきました。
2011/07/25(月) 20:54 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/668-f9625686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。