きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フードセンター(ホーカーセンター)の、

Red Gardenから戻っても、

まだ10時前で、寝るには時間があります。


部屋でくつろぎながら、大学の授業のことなど、会話しました。

第二外国語として選択した、日本語の教師は、二人。

一人は20代後半で、日本語会話。

もう一人は、30代後半で、日本語の基礎。

この日本語の基礎の教師、タイ語も、英語も、まったくできない、

そうで、

いつも授業は大混乱するそうです。

つまり、学生は、チンプンカンプンで、わからず仕舞で終わることが多い。

とにかく、教師は、復唱させて、終わってしまうような。


たとえば、絵を見ながら、

これは、「行く」という動作、(テキストにはGOと書いてある)、

そして、違う絵を見せて、

これも「行く」という動作、 (テキストにはCOMEと書いてある)、

というのだそうです。

学生の方が、先生、それは「来る」ではないのですか?

と言っても、「行く」といって、聞かないのだそうです。

GOもCOMEも読めない、

日本人が、日本語教師をするかなぁ、と信じられません。


「これ」「それ」「あれ」を説明するときは、

動作でしますために、教室中を走り回った、

そうです。^O^

笑って、しまいました。

かわいそうな、先生だなぁ、と、

学生に気の毒がられてしまって、いるようです。


こんな人にも、教えることへの、本当の情熱さえあれば、

学生は救われるんだろうけれど、

と思いながら、

こんなことを話しました。


僕が、高校生の頃、

教育の実習生としてきた、

ある若い先生の思い出、です。

その、先生は、国語の時間を持ってくれたと思うのですが、

第一日めに、

自分がいかに教師になりたいと思っているか、

というような話をした、と思います。


そして、やおら、歌いだしたのです。

それまで、僕は、和歌というものは、節をつけて読む、ことはあるのだろう、

という予想はしていましたが、

浪々と、部屋中を震わすような、大声で歌うのは、

初めて聞いた経験でした。


それは、若山牧水の、 


白鳥は 悲しからずや 海のあお、

  空のあおにも 染まず ただよう。


幾山河 越え去り行けば 寂しさの

    はてなむ国ぞ 今日も旅ゆく。

この二つの、歌、でした。


僕は、この先生に、圧倒されたことを覚えています。

なんだか、生きるって、そういうことなんだ、

ということを、肌で、感服いてしまうような、

そういう新鮮な、

青春の衝撃だったかも、しれません。


ホテルから、外の夜景を見ていると、

なんだかそのときの、僕の感動を、妻にも伝えてみたくて、

本当に、酔っ払ったときしか、

歌を歌うなんてことは僕はしないのですが、

今日は、ちょうど酔い具合も良いようなので、

「それは、こんなふうだったんだよ」

と言って、

歌って聞かせました。


しらとりは かなしからずや

うみのあお

そらのあおにも

そまず ただよう。


その歌の、その絵画的な美しさを説明したあと、

もう一度。


いくさんが

こえさりいけば さびしさの

はてなむくにぞ

きょうも たびゆく。


(これで、妻は僕がいかに酔っているか、判断したことでしょう。^O^)



海の歌が出たので、

妻の誕生石は真珠だったことを思い出し、

ここで、

とっておきの歌を歌うから、

これは、もう二度と聞けないと思うよ、

と前置きをして。



君の髪が 風にふかれ

涙のあとを かくしてる

誰のために 泣いたのだろう

愛の言葉を きいたから

「君の涙は ちいさな 真珠の 海です」

君の肩を 両手でだいて

涙のあとに くちづける。。。。


という歌を歌って、

一夜の終わりとしました。


これは、ビートルズの曲に、僕が言葉をつけて、

歌にしたものです。

世界で、ぼくしか、知りません。。。

(妻はすぐに忘れてしまう、でしょうから)


^O^


こうして、新婚旅行、第二夜は、

更けていったので、

ありました。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


コメント
この記事へのコメント
感動です
imhappyさんがどんどん若返っていってます!!
歌を唄っているシーンは、私の方が
照れてしまいました(^^;
言葉の異なる相手に自分の気持ちを伝え方って難しいです。若奥様には、imhappyさんの愛情が確実に伝わってますよ。
2011/07/26(火) 21:45 | URL | daiki #KqigePfw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/673-46bffc88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。