きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学の一学期末の試験が、10月の初旬に終了します。

それから、2学期が始まるまで、3週間ほどの休暇になります。


この間、どう過ごすか。

学生たちが、計画を立てる時期でしょう。

1年生のときは、ほとんどが田舎へ帰る、

でチョン、決まりです。

それが、2年生になると、

いろいろしてみたいことが出てくるだろうと、想像します。


妻のゴイが、学校から帰ってきて、ちょっと困った顔をしています。

友達数人に、バックパッカーでシンガポールに行ってみたい、

仲間のリーダーになってガイドして、

と頼まれたのだ、といいます。


学校の友達、といっても彼らは、大体20歳くらい、

ゴイは27歳、

いろんな活動で、いつも彼女がリーダー役をやっている様子は、

よく聞いています。

英語専攻の学生たちなので、

英語の使える世界へ行って、自分の英語を使う、

という経験をしてみたい、

という殊勝な目的をもっています。

みんなお金が無いから、

バックパッカーで、バスを使って、貧乏旅行で、行きたいのだ、

と。

仲間の誰も、バックパッカーなんてやったことはありません。

まともに外国、といえる所には行ったことがないでしょう。


ゴイにしたところで、去年僕とシンガポールに行くまで、

ラオスかミャンマーに行ったことがあるだけで、

生活ぶりはタイと変わることのない国々です。

それなので、友達の望みの熱さは、わかります。


それで、どう答えたの?

まだ、答えてない、考えてみる、って言ってある。

休暇は、あたしの夫と一緒にいることにしている、

と友達に言うと、

彼も一緒に、で良いじゃない、との応え。


実は、その3週間の休暇の間に、日本に行こう、という話をしており、

つい先日、

日本大使館からビザを取る方法に調べたりしたばかりなのでした。

そういう背景があっても、ゴイが友達の話に、

行けないヨ、と断定しなかったのは、

頼まれると断れない彼女の気質と、

友達とそういう経験をすることに、かなりの期待もあるのではないか、

と感じました。


あなた、どう思う?

と訊くので、

・ 僕もそのバックパッカー旅行に一緒に行く、ということは考えられない。

  このアイデアは駄目。

・ ゴイが行くかどうかは、もう少し、具体的にマレーシアからシンガポールへの

  バックパッカー旅行について調べてから、決めたらいい。

と答えました。


僕は、見知らぬ国へ、バックパッカー旅行をする、

ということは考えたこともありません。

幸か不幸か、サラリーマンになって3、4年後から、

海外へ行くチャンスが結構多く、

見知らぬ世界を知るためには、そういう必要を感じなかった、

ということもあります。

それなので、安宿で、ゴキブリが夜中に走り回るかもしれない?

ような旅行は、できないだろう、と思っているわけです。


それで、そう答えているのですが、

その話があってから、2,3日たっています。

ゴイは、まだ決めておらず、

友達にも応えていない、ようです。

今朝、学校に行く前に、ちょっとだけ状況を聞くと、

考えをもうすこしまとめて、彼女たちと話合う、

と。

今の考えでは、友達に一人が、南部の出身なので、

1日目は、バスでタイ南部に行き泊まり、

2日目に、バスでシンガポールに入る。

2泊して、戻る。

一人、5000バーツでできるかしら?まだ分かっていない。

そういうことなので、まだ、よくつめていない、という状況です。


バックパッカーというのは、安宿にとまり、食事も屋台で、

タクシーなどに乗らず、てくてく歩いて、、、

という旅行であっても、滞在に関しては、けっこう日にちをかけて、

のんびり旅行なのではないか、という気がします。

その意味では、上の計画は、あまりに駆け足すぎるので、

どうかな、

せっかくなんだから、

クアラルンプールに寄って行くといいのになぁ、

などと思ってしまいました。

いずれにしろ、全体の予算は、かなり重要で、

どれだけ親からお金がもらえるか、次第で、日程も場所も決まる、

ということです。

日本のバックパッカー日記、などインターネットで見てみると、

バックパッカーとはいっても、結構お金は持って出かけているように

見受けますが、どうなんでしょうか。

泊まる宿は決めずに、現地についてから安宿探しをする、

という方のも見受けますが、それでも、現金をかなり持ってそうするのと、

お金もさびしい限りでそうするのでは、なにか違うバックパッカーのように思います。


しかし、

ともう一人の自分が、言います。

僕が、1年半ほど前に、やっていた、

バスを使っての、婚活タイ旅行、

結構安宿にも泊まっていました。

それでも、「地球の歩き方」に乗っている安宿のレベル、ではありますが・・・。

あれも、一種のバックパッカーのはしくれであるならば、

僕にバックパッカー旅行がまったくできない、

というわけではないかも。

などという悪魔のような、ささやきが聞こえたりもします。


20歳の乙女?はらからと一緒に、

バックパッカーをする、って、

2度とない、稀有な体験になること、間違いないぞ、

なんて。



アジアのバックパッカー旅行、

マレーシアか、シンガポール、

経験のある方がおられましたら、

コメントお待ちしております。^O^



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
コメント
この記事へのコメント
ご提案…
バックパッカー旅行未経験の私が甚だ僭越ですが、謹んでご提案申し上げます(ちょっと大袈裟に過ぎますかね)。

『ハッピーさんは、絶対に参加すべし!』

主な理由として、
?
私のお見受けしたところ、貴兄のキャラクターとバックパッカー旅行は完全に相反しているでしょう。それゆえ、今後も自身の発案・立案での実行はまず有り得ないと思います。
時には自分の枠を超えた、(自分にとっての)非現実的な環境に『巻き込まれ』『流され』てみる事は楽しい事ではないでしょうか。
二度と無い可能性が高いと思いますので、一度くらいは経験、経験っ!

?
ハッピーさんのご指摘通り本格的なバックパッカー旅行では無く入門編といった感じで、不慣れな若者達から頼りにされ、きっと旅先で夫人の肩に大きな重圧が掛かる事が予想されます。バックパッカーのバックアップってことで…

?
ハッピーさんのご夫妻は出会った頃からこれまで、若者同士のカップルが経験するチープなデート等はされていないと思慮します。
疑似若者デートで、疑似若かりし頃の思い出(笑)づくりって楽しそうですよ。

?
何をおいても、若い女性に囲まれての数日間は望んでもなかなか経験できませんよ。もちろん長期間その環境におかれるのは耐え難いものでしょうが…(笑)

と、だんだん軽薄になってしまいました。
失礼いたしました。

2011/08/19(金) 15:28 | URL | のり(古い方) #-[ 編集]
10月は日本旅行がベターですが・・・・
10月、秋と言えば、日本旅行がベストシーズンですが・・・・是非「紅葉」を見せてあげたいですね。

バックパック旅行もいいものですよ。
飛行機移動の代わりに、バスや鉄道で移動し、高いホテルに泊まらず、安いゲストハウスに宿泊する・・・・
あまり年齢には関係ありません。

しかし、バックパックツアーもエアアジアの出現で大きく変わろうとしています。
というのは、飛行機の料金がバスや鉄道の料金と変わらなくなってしまったからです。
まさに「革命」的事態になってしまったのです。

バンコクからシンガポールへ行く場合、エアアジアで日を選べば、片道運賃は1,590Bです。空港税など諸費用込みで、往復が5000Bです。
バスや鉄道で行くのと変わらないのです。

従って、片道はエアアジアで、片道は「バス+鉄道」で、というのがベターでしょう。

行程としては・・・・・

エアアジアで、バンコクからシンガポールへ飛び、2泊程度、その後は、バスでマラッカへ、そしてバスでクアラルンプールへ、それからバスでペナン島を経由し、タイのハジャイへ、ハジャイから鉄道でバンコクへ・・・・というのが一般的なルートです。それぞれの都市での滞在日数はお好みで。

http://www.tourismmalarsia.or.jp/koutu/railway.html

60代後半の方のバックパッカー日記があります。
毎年、日本の冬は東南アジアで過ごしておられます。
宿泊はゲストハウス専門です。写真で見ればわかりますが、GHは簡素ですが清潔です。
料金も出ていますから参考になるでしょう。
http://hootentoku.boo.jp/trabel_diari/mokuji.htm
2011/08/20(土) 13:00 | URL | honma #qbIq4rIg[ 編集]
アドレスが間違っていました。
マレーシアの交通のサイトのアドレスが違っていました。
下記が正しいです。

http://www.tourismmalaysia.or.jp/koutu/railway.html
2011/08/20(土) 13:07 | URL | honma #qbIq4rIg[ 編集]
TV東京/東南アジア縦断 路線バスの旅
いつもほほえましく読ませていただいています。
http://www.bs-j.co.jp/rosenbus_asia/index.html

TV東京で東南アジア縦断 路線バスのの旅。を放送してました。出発は「シンガポール」。
終点は中国ですがシンガポールからタイ バンコクが参考になると思います。
各都市5分ほどですが、雰囲気つかめるかも。

必要でしたら,DVDに焼き BKKに送付いたします。

2011/08/20(土) 13:36 | URL | #-[ 編集]
面白いことは、面白い。。。のですが  Re: ご提案…
のりさん、
ご進言、大変ありがとうございます。
まるで、のりさん自身、大乗り気、という感じですが・・・。^O^
バックパッカーのバックアップ(笑)で行ったつもりが、
こちらのほうが、アップアップしそうで怖いのです。^O^
確かに、これから先々考えても、経験できない旅行にはなります。
今はまだ、計画を聞きながら、心配になっている段階です。
しかし、女性8人。その輪に、なにかの○ンのようにくっついて歩くのも、
面白いでしょうね。。。


> バックパッカー旅行未経験の私が甚だ僭越ですが、謹んでご提案申し上げます(ちょっと大袈裟に過ぎますかね)。
>
> 『ハッピーさんは、絶対に参加すべし!』
>
> 主な理由として、
> ?
> 私のお見受けしたところ、貴兄のキャラクターとバックパッカー旅行は完全に相反しているでしょう。それゆえ、今後も自身の発案・立案での実行はまず有り得ないと思います。
> 時には自分の枠を超えた、(自分にとっての)非現実的な環境に『巻き込まれ』『流され』てみる事は楽しい事ではないでしょうか。
> 二度と無い可能性が高いと思いますので、一度くらいは経験、経験っ!
>
> ?
> ハッピーさんのご指摘通り本格的なバックパッカー旅行では無く入門編といった感じで、不慣れな若者達から頼りにされ、きっと旅先で夫人の肩に大きな重圧が掛かる事が予想されます。バックパッカーのバックアップってことで…
>
> ?
> ハッピーさんのご夫妻は出会った頃からこれまで、若者同士のカップルが経験するチープなデート等はされていないと思慮します。
> 疑似若者デートで、疑似若かりし頃の思い出(笑)づくりって楽しそうですよ。
>
> ?
> 何をおいても、若い女性に囲まれての数日間は望んでもなかなか経験できませんよ。もちろん長期間その環境におかれるのは耐え難いものでしょうが…(笑)
>
> と、だんだん軽薄になってしまいました。
> 失礼いたしました。
2011/08/20(土) 17:55 | URL | imhappy #-[ 編集]
日本に行きたかった。Re: 10月は日本旅行がベターですが・・・・
Honmaさん、
いつもタイムリーなコメントありがとございます。
そうなんです、10月の関東地方であれば、那須・日光あたり、
紅葉を見せたいと思っていたのですが・・・。
この話が友達から出たあとは、どうやら友達たちを喜ばせたい、
という思いが強くなったみたいなのです。
ご提案の、エアーアジアでバンコクからシンガポール、そこから
バスでマラッカ、クアラルンプール、あとは鉄道で、ハジャイから
バンコクへ戻る、というコース、いいですねぇ。
僕とゴイ、二人だけなら、このコースで決まり、だったのですが、
実は、更なる貧乏旅行を計画しているようで、
あとは本文をお読みになってみてください。
それが、可能かどうか、まだ未定の計画ではあります。
危険は避けて、
なるべくバックアップの腹積もりも必要かもしれません。



> 10月、秋と言えば、日本旅行がベストシーズンですが・・・・是非「紅葉」を見せてあげたいですね。
>
> バックパック旅行もいいものですよ。
> 飛行機移動の代わりに、バスや鉄道で移動し、高いホテルに泊まらず、安いゲストハウスに宿泊する・・・・
> あまり年齢には関係ありません。
>
> しかし、バックパックツアーもエアアジアの出現で大きく変わろうとしています。
> というのは、飛行機の料金がバスや鉄道の料金と変わらなくなってしまったからです。
> まさに「革命」的事態になってしまったのです。
>
> バンコクからシンガポールへ行く場合、エアアジアで日を選べば、片道運賃は1,590Bです。空港税など諸費用込みで、往復が5000Bです。
> バスや鉄道で行くのと変わらないのです。
>
> 従って、片道はエアアジアで、片道は「バス+鉄道」で、というのがベターでしょう。
>
> 行程としては・・・・・
>
> エアアジアで、バンコクからシンガポールへ飛び、2泊程度、その後は、バスでマラッカへ、そしてバスでクアラルンプールへ、それからバスでペナン島を経由し、タイのハジャイへ、ハジャイから鉄道でバンコクへ・・・・というのが一般的なルートです。それぞれの都市での滞在日数はお好みで。
>
> http://www.tourismmalarsia.or.jp/koutu/railway.html
>
> 60代後半の方のバックパッカー日記があります。
> 毎年、日本の冬は東南アジアで過ごしておられます。
> 宿泊はゲストハウス専門です。写真で見ればわかりますが、GHは簡素ですが清潔です。
> 料金も出ていますから参考になるでしょう。
> http://hootentoku.boo.jp/trabel_diari/mokuji.htm
2011/08/20(土) 18:05 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: TV東京/東南アジア縦断 路線バスの旅
こんにちは。
温かなコメント、ありがとうございました。
その路線バスの旅行のテレビ、アセアン半島縦断ですから、
すごく興味がありますね。
そういう番組もあるんですね。アジアもますます、身近になって
いくようでうれしいです。
見れなくて残念ですが、DVDを送ってやろうか、という
やさしいお気持ちだけで、感激いっぱいです。
ありがとうございました。


> いつもほほえましく読ませていただいています。
> http://www.bs-j.co.jp/rosenbus_asia/index.html
>
> TV東京で東南アジア縦断 路線バスのの旅。を放送してました。出発は「シンガポール」。
> 終点は中国ですがシンガポールからタイ バンコクが参考になると思います。
> 各都市5分ほどですが、雰囲気つかめるかも。
>
> 必要でしたら,DVDに焼き BKKに送付いたします。
2011/08/20(土) 18:11 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/684-5503b404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。