きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
96歳にして、現役の医師で聖路加病院理事長は、
あのよど号ハイジャックで機内に4日間拘禁されて救われたとき、
59歳だった。

その日から、第二の人生が始まった、
いや生まれ変わった、と氏は言います。

そして、21世紀は、人生100年の時代。

これまでは、60歳は還暦、子供がえりの赤いチャンチャンコ。
これも新たなステージの始まり、という意味は持つけれど、
それは消極的で下降するイメージです。
第二の幼年時代、というなんとなく子バカにした、話だとは思いませんか。

現代のイメージは、
60歳で、また新たな人生の始まり、質の違った登り坂のスタート、
というものではないでしょうか。

氏は、60歳を、人生のハーフタイムと呼びます。
これから後半が始まるのです。

人生の午後、という言い方もあります。
いろいろに使われますが、そろそろ人生を収束しよう、のんびり、やすらかに、
ひとに迷惑かけないよう生きよう、というだけの人生の午後にありかたは、
今ふうではありません。

午前と午後、という時計をじっと見つめてください。
午前の12時間は、なんと短いことでしょう。
朝の6時まで(人によっては7時まで)寝て、意識的な行動がとれるのは、せいぜい6時間。
一方、午後の12時間は、なんと長いことでしょう。
10時に寝る人でさえ、10時間も意識的な行動ができるのです。
人によっては12時間。
6時間と12時間の差。

人生の前半は、肉体的精神的に大人になるまで、眠っているいるのと等しいのです、
そして自立した社会人になり、家庭をもち、子を育て、こういう見えざるノルマを、
人として果たすために、我々は悪戦苦闘して午前を過ごすのです。
これはこれとして、人のあるべき姿、なければいけない。

しかし、人生の午後になったら、そうした社会的ノルマは完了、
新たなスタートが出来るです。
人生の前半において、その数々の岐路において、果たさなかったこと、
生きなかった自分の過去があったら、今度は思いっきり、そのために
時間を使うことができるのです。

したくて出来なかったこと、
新たに始めたいこと、
自分自身こころから望むこと、
それが許されるのです。
そして、時間は10時間以上も、たっぷりあるのです。

いやいや、そういっても、もの覚えも悪く身体もうまく動かなくなって、、、
という人には、こう考えるのだそうです。

それは、登り坂をのぼっているから、苦しいんだ、と。

「後半の人生こそは、
あなた方が自由にデザインできる希望のある人生である
ことに気付いていただきたいのです。

自己を開発する後半のあなたの人生の主体は、あなた自身です。
あなたが勇気と希望をもって生きられる第二の人生の旅路は、
成熟への上り坂であることを期待して欲しいのです」

人生、命の時計が止まるまで、登り坂である。
その意気込みを忘れない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。