きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過ぎた話題ですが、今月19日は、敬老の日でした。


少子高齢化の時代に、お荷物だ、とばかりの意見が多く、

老人が悪者になってしまった感が強いこの頃ですが、

敬老の日に、なにか社会へ訴える新しいメッセージでもあるかと

新聞の社説と看板のコラムを読んでみました。


全国紙で「敬老の日」を扱ったのは、「読売」と「産経」だけでした。

内容は、単身高齢者が増加するので住民が見守り合う地域社会を作ろう、

という、いわゆる「絆」を扱ったテーマです。

ここでは、高齢者は、「弱者」です。

もちろん、こういう見方、支援体制、は必須ですし、

不満のいう理由はなにもないのですが・・・。


もう少し、積極的に、高齢者そのものを鼓舞するような

メッセージが「敬老の日」に見られなかったことが、

さびしい気持ちです。


そう思っていると、遅ればせながら25日付け、

読売新聞の「編集手帳」に、こんなお話が載りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月25日付 編集手帳

 〈六十、七十は洟垂(はなた)れ小僧、男ざかりは百から百から〉

とは、107歳まで創作を続けた彫刻家、平櫛田中(ひらくしでんちゅう)さんの名言である。

この言葉に、元気づけられる洟垂れたちが多いだろう。

洟垂れ前でも活を入れられる◆

ただし今なら、田中先生、女を忘れちゃいませんか、とお叱りを受けそうだ。

今月時点で100歳を超えている人は全国に約4万8000人、

その9割近くは女性である◆

代表格、と言っていいだろう。

今年6月に“女ざかり”の年齢を迎えた詩人の柴田トヨさんが先日、

2冊目の詩集「百歳」を出した。

ベストセラーとなった前作「くじけないで」も韓国、台湾、オランダで翻訳され、感動を呼んでいる。

さらにイタリア、スペインで出版予定という◆

「百歳」に収められた26編の最後にあるのが、

3月30日付の本紙朝刊に寄せてもらった〈被災地のあなたに〉と題する作品だ。

再掲したい◆

〈最愛の人を失い/大切なものを流され/あなたの悲しみは/計り知れません/
 でも 生きていれば/きっと いい事はあります/
 お願いです/あなたの心だけは/流されないで/不幸の津波には/負けないで〉

(2011年9月25日01時09分 読売新聞)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

98歳の詩集「くじけないで」は150万部のベストセラーに

なったそうです。

柴田トヨさん くじけないで




そして、100歳の「百歳」。

柴田トヨ著「百歳」
「被災者の皆様に」という詩が書かれています。
その一節に、次の言葉があります。
「私も出来ることは 
 ないだろうか? 考えます
 もうすぐ百歳になる私
 天国に行く日も 近いでしょう
 その時は 陽射しとなり
 そよ風になって
 皆様を応援します」


「私も出来ることは  ないだろうか? 考えます」

というところに、感銘します。


老人の日に、「百歳」を母に送った、という話も読みましたが、

いいですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少子高齢化になると、労働人口が減って、生産力が落ち、

同時に消費需要も減るので経済規模が縮小する。

(と心配される)

そこで、人口が減っても生産力が落ちない方策が必要だ。

まず第一に、これまであまり活用されてこなかった女性や

高齢者の能力を活かし、労働力の減少を補うこと。

次に労働生産力をあげることである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という考えは、よく言われます。

女性の労働力をいかに増大させるか、ということに関しては、

いろいろな方策が推進されているのではないか、と思います。


ところが、高齢者の能力、働く意欲を活かす、

ということに関しては、真剣な取り組みがなされている、

とは言えないでしょう。


2004年に決まった「改正高齢者雇用安定法」は、

企業に高齢者の雇用を60歳で打ち切らないようにする、

という法律ですが、

65歳の年金需給までの空白期間をなんとか埋めよう、

というマイナス思考の発想から生まれているようにしか

思えない・・・。

個人的な意見としては、日本人男性の50%は75歳まで働ける、

と思っています。

その力を、ポジティブな方向で、活用する動きが起きないのが、

残念です。

もう、時を失してしまったかもしれません。


それでも、柴田トヨさんの言葉のように、

「私も出来ることは  ないだろうか? 考えます」


一昨日のブログ記事は、

そんな僕の、小さな望みを、

あれこれと思い巡らしながら、

考えてみようと、

書いたものでした。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓

  

コメント
この記事へのコメント
一通りブログ読ませて頂きました。

ありがとうごさいます。

ゴルフはやったことがなくわかんなかったんで、
さっくり斜め読みです。
m(__)m スイマセン


なんかコメントしたいと言う気持ちになったので、
最新版のにさせてもらってます。



もう、遅い気がしますが、
以前、タイで日本の銀行からATMでお金をおろす方々てないか
と言うのがあったと思うんですが、簡単なのがあります。

俺は実際には現金が足りたので、
やってないので、知識ベースの回答になっちゃいます。。。


新生銀行の円口座を持っていれば、
タイのATM(plusと表示があるもの)
でバーツを引き出せます。

ちなみに、使えるATMのリストは新生銀行のホームページにあった気がします。

それから、タイに限らず同じように他の海外でも使えそうなんで、
それも便利かなと思ってます。

でも、手数料はそれなりだったと思うので、
現金をスーパーリッチなどの私設両替商でかえたりするほうが断然お得です。

さらに、引き出しオンリーで預け入れは出来なかった気がします。

ATMの文字はだいたい英語とタイ語でATMによってはタイ語オンリーてのもあるみたいです。
(英語のあるなしはATMのオーナー次第らしいです)

なので、カード入れる前にEnglishてボタンがあるか
を確認したほうがよいと思います。

ま、奥さん連れていけば良いので、問題ないですよね~。

てか、そもそもいらない情報かもしれないですし。。。


とりあえず、何かのお役にたてればと思ってかいてみました。



あと、俺の知識不足で全く知らずにとてもショックをうけたんですが、
タイと日本は同盟関係にあったんですね。。。

日独伊しか知りませんでした。

しかも、亜細亜で植民地にならなかったのは、
日本だけと授業で言われた記憶もあります・・・。


まだ、ちょいとしか調べてませんが、
タイ政府は連合国と上手いこと調整したから、
裁きを回避できたんだろうなと思いました。


この外交手腕を現政権に見習ってほしいです。



それから、タイ人に日本語教えようと思うことは凄いと思います。

同じ立場なら、俺は間違いなくタイ語の勉強します。


教えるのは大変ですが、やりがいがあると思います。


お体にお気をつけてください!

ヤバゲなら早めに病院行ってください!!

たぶん、すぐには行かない気がしますが(笑)



最後に、ちょくちょく読むことに勝手に決めましたので、
ブログ更新頑張ってしてください♪
(^o^)/

2011/09/26(月) 10:23 | URL | 4ke #-[ 編集]
タイ人は、「起き上がりこぼし」
4keさん、
はじめまして。
あたたかなコメントありがとうございます。
つたないブログを「一通り」も読んでいただくなんて恐縮です。
タイは知るほどに、手ごわい国だという印象がわいても来ます。
「タイ人と日本人」の著者、斉藤親載さんは、「起き上がりこぼし」
だ、といっています。「機を見るに敏、状況判断が早く的確で、
対応のうまさがずば抜けている。あらゆる困難を切り抜けて
生きるバランス感覚と復元力は天性のもの。ただし、ルールを
守るかどうかは別問題。状況次第では ローカル・ルールどころか、
「自分のルール」を巧みに利用してくる。。。
と言っています。それでなければ、一度も植民地にならずに、
生き延びてはこれなかった、でしょうね。
そんなところにも興味があって、タイ人に日本語教えてみようか、
と。
これからもボチボチと自分の備忘録としてブログを書いていくつもり
ですが、時にいやになるようなコメントが送られてきて、
もう止そうか、と思ったりすることもあります。
書き続けているあいだ、時々にでもお読みになってください。
あなたに幸ありますように。
こんごとも、よろしく。



> 一通りブログ読ませて頂きました。
>
> ありがとうごさいます。
>
> ゴルフはやったことがなくわかんなかったんで、
> さっくり斜め読みです。
> m(__)m スイマセン
>
>
> なんかコメントしたいと言う気持ちになったので、
> 最新版のにさせてもらってます。
>
>
>
> もう、遅い気がしますが、
> 以前、タイで日本の銀行からATMでお金をおろす方々てないか
> と言うのがあったと思うんですが、簡単なのがあります。
>
> 俺は実際には現金が足りたので、
> やってないので、知識ベースの回答になっちゃいます。。。
>
>
> 新生銀行の円口座を持っていれば、
> タイのATM(plusと表示があるもの)
> でバーツを引き出せます。
>
> ちなみに、使えるATMのリストは新生銀行のホームページにあった気がします。
>
> それから、タイに限らず同じように他の海外でも使えそうなんで、
> それも便利かなと思ってます。
>
> でも、手数料はそれなりだったと思うので、
> 現金をスーパーリッチなどの私設両替商でかえたりするほうが断然お得です。
>
> さらに、引き出しオンリーで預け入れは出来なかった気がします。
>
> ATMの文字はだいたい英語とタイ語でATMによってはタイ語オンリーてのもあるみたいです。
> (英語のあるなしはATMのオーナー次第らしいです)
>
> なので、カード入れる前にEnglishてボタンがあるか
> を確認したほうがよいと思います。
>
> ま、奥さん連れていけば良いので、問題ないですよね~。
>
> てか、そもそもいらない情報かもしれないですし。。。
>
>
> とりあえず、何かのお役にたてればと思ってかいてみました。
>
>
>
> あと、俺の知識不足で全く知らずにとてもショックをうけたんですが、
> タイと日本は同盟関係にあったんですね。。。
>
> 日独伊しか知りませんでした。
>
> しかも、亜細亜で植民地にならなかったのは、
> 日本だけと授業で言われた記憶もあります・・・。
>
>
> まだ、ちょいとしか調べてませんが、
> タイ政府は連合国と上手いこと調整したから、
> 裁きを回避できたんだろうなと思いました。
>
>
> この外交手腕を現政権に見習ってほしいです。
>
>
>
> それから、タイ人に日本語教えようと思うことは凄いと思います。
>
> 同じ立場なら、俺は間違いなくタイ語の勉強します。
>
>
> 教えるのは大変ですが、やりがいがあると思います。
>
>
> お体にお気をつけてください!
>
> ヤバゲなら早めに病院行ってください!!
>
> たぶん、すぐには行かない気がしますが(笑)
>
>
>
> 最後に、ちょくちょく読むことに勝手に決めましたので、
> ブログ更新頑張ってしてください♪
> (^o^)/
2011/09/27(火) 07:55 | URL | imhappy #-[ 編集]
 何かないものか?
 タイ語の勉強の毎日で読書の時間も無しの毎日です。
 「私も出来ることはないだろうか? 考えます」
 この気持ち、考えは本当に大事ですね。
 やはり我々は助け合って生きなければいけない。
 社会から受けたことはある程度は社会へ還元しなければ!
2011/09/27(火) 18:09 | URL | トマックス #90LdKUd6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/709-313d16c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。