きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「怒れない人は馬鹿、怒らない人は利口」

ということわざがあるそうです。

長い間ブログを書いていると、

自分のために備忘録として書いているのです、

その中には愚痴も八つ当たりもあるでしょう、

だから読んで不愉快になる人がいたら、

無視してください、

読まないでください、

と、

その人のこころの健康のために言っているのですが、

なかなかその提案を受け入れがたい人がいて、

むやみに「怒って」、汚いコメントを送ってくる人がいます。


「怒れない人は馬鹿」ですから、怒ることで「馬鹿ではない」ことを

示しているとは思うのですが、

上のようにお願いも、アドバイスもしているブログに対して、

「怒り」出すというのは、どうなんでしょうか、

少なくても、

「怒らない人は利口」よりは劣っているようです。


面白いことに、こういう人は必ずといっていいほど、

匿名です。

そういう人が、ブログの書き手を、「卑怯」だとか言い出すのですが、

どういうものでしょうか。


本当に、こういうコメントをもらうと、嫌になってしまします。

そこで、

デール・カーネギーの教えにしたがって、

対処するようにしています。

彼は、こう言っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちは聖者と違って、自分の敵を愛することは無理かもしれない。

けれども、自分自身の健康と幸福のために少なくても敵を赦し、

忘れてしまおう。

これこそ賢明というものだ。

私はアイゼンハワー元帥の令息ジョンに向かって、

あなたのお父さんは今まで恨みを抱いたことがあるだろうか、

と質問したことがある。

「いいえ」と彼は答えた。

「父は一分間といえども、自分の好まない人間のことを考えながら

無駄な時間をすごしたことはありません」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本当に、申し訳ないけれども、

悪意からでているコメントをじっくり読んだり、

返信しなければ、なんて考えるなんてことは、

「無駄な時間」なので、

一切、しません。

削除します、

と宣言しています。


コメントをまったく受け付けない設定にしようか、

と何度か考えましたが、

ほとんどのコメントは、善意のもので、

僕だけではなく、ブログの読者の方々にも、有意義な内容が多く、

その価値を無くしてしまうのは、

忍びいがたいと考えています。


僕のブログに、好ましくない感情のコメントを送る人は、

どんな人なのだろう、と考えます。

僕と同世代か、上の世代に方だったら、

僕がお願いしているように、

気にいらなかっら無視してください、

という言葉どおりに、

われはわれ、きみはきみ、で、それ以上に、

思い煩ったり、怒ったりということはないと思います。


ところが、どうも予想するところ、

一世代あとの人たち、ではないのか。

この世代の人たちは、

とくに団塊世代に対しては、偏執的にうらみを抱いていると、

と疑われているわけです。



社会人、企業人として、団塊世代が実力を握っているとき、

彼らは、きっと、

押さえつけられて、下働きだけさせられていた、

その反動が、

団塊世代が舞台を去るようになってから、

去り行く者の背中を切りつけるように、

攻撃するようになっている、と見えます。


最近の僕のブログに来たコメントには、

(削除してしまいました)

「貴方は、おそらく、日本で働いている人が納めた社会保険料の一部を

年金として受け取って、のうのうとタイで暮らしているものと思われます」

というのがありました。


年金を受給する世代の年金は、その後の世代が納める年金保険料によって、

まかなわれる、

というのは、今の賦課方式の仕組みなのであって、

この仕組みが変わらないかぎり、

(僕は、将来変更もある、と思っていますが)、

いつかは、あなたがたどる道、であります。

われわれ団塊世代は、一世代若いひとたちより、はるかに多額の年金保険料を

支払って、

われわれの前の世代の高齢者の年金を支えてきています。

受給する年金額で言えば、この前の世代を人たちの年金額と、

われわれ団塊世代を受ける年金額には、

(支給年齢が65歳から、という5年遅れのみならず)

非常に大きな差があります。

この人たちの年金額は、たしかに年金で「悠々自適」の生活も可能、

かもしれないと思わせる金額です。

しかし、団塊世代の年金額では、とてもかないません。

それでも、団塊世代は、そのことを不満に思って、

八つ当たりなんか、していない。

少なくても、前の世代の諸先輩に対する敬意をもって、

それを認めています。

かっての日本は、豊かな老後を目指していたわけですから。

そして、この前世代は、じつは団塊世代の次の世代の親でもある。

年金の恩恵は、循環しているわけで、

なにも、現在職について、保険料を払っている人間が、

押し付けがましく、俺たちが養っているのだ、

という意識をもつことは、ナンセンスです。


そもそも、年金は、年金基金から50%、税金から50%の割合で

支払われているのでしょう。

定年退職しても、人は、税金を支払っています。

そして、僕の場合でいえば、

現在の収入のうち、年金部分は20%にすぎません。

その年金も、厚生年金の報酬比例分であって、

僕が感謝するとすれば、勤めていた元会社と、その社員でこそあれ、

一般にまぶして言われる日本人、ではありません。

厚生年金保険とは、社員の支払う保険料と会社が付加する保険料ですから。


だから、

「貴方は、おそらく、日本で働いている人が納めた社会保険料の一部を

年金として受け取って、のうのうとタイで暮らしているものと思われます」

という考えが、どこから生まれてくるのか、不明です。

この文言の中には、

今の日本の礎を、先輩から受けついで、さらに大きくした先達としての

年配者への感謝とか、敬意とか、まったく欠けています。

まるで、退職後、タイでロングステイしている僕が、日本人でも、

日本で働いたこともない、ただの寄生虫のような人間であるかの

ようです。

こういう年配者への敬意を、まったく持てなくなった日本人が、

マジョリティになっているのだとすると、

日本の未来も、暗い。


まぁ、

こういう人ばかりではない、

ということを、

信じていますが。。。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓

  

コメント
この記事へのコメント
がんばれ!
はじめまして!タイブログランキングを見てこちらを見つけました。いきなりこんな記事を見てびっくりです。詳しい事情は分かりませんが、定年退職後の海外ご隠居うらやましいですねえ!私はまだ若いのでタイで隠居できませんが、将来できれば幸せですよね。そんな幸せな環境で現在進行形で暮らす管理人さんに対する嫉妬でしょうね。彼らは自分で気づいていないと思いますが。どこの社会にも他人の幸せを妬む者たちは居るものです。タイで年金生活して何が悪いんでしょうかね?最高じゃないですか!法(広義)に触れなければ何してもいいんです。これからもガンガン老後の自由を謳歌しまくって、負け犬さん達に見せつけちゃってくださいw笑w
2011/09/29(木) 13:30 | URL | バンジージャンパー #-[ 編集]
嫉妬されるのも勲章です。
初コメントです。
よろしくお願いします。
匿名者のコメントはim8pさんへの妬みとしか思えませんね~。
今あるタイ生活は、企業戦士として頑張ったご褒美ですョ!
何の後ろ指差されるものがあるものか!まして「のうのう、と」など揶揄される事など有り得ないです。

我が国の民主党政権に対する誹謗中傷は日本国内外に居住する日本人が少なからずしていますヨ。
シンガポールでは、取引先のシンガポール人(華僑人)が、NHKの英語版で得た情報で、当時の菅首相の批判を私にしましたョ。(笑)
私など、不満の持って行き場が無く、テレビに向かって酒を飲みながら愚痴り八つ当たりしてますヨ。(笑)

幸せの価値観は人其々です。
匿名者は自分の幸せが何で有るか?見つけられず、唯、他人の幸せに嫉妬するしかないのでしょう。
im8pさん! これからも大いに人生をエンジョイして下さい。
私も68歳ですが、まだまだ元気で好きな仕事に邁進しますョ。
2011/09/29(木) 21:54 | URL | コン・タマダァ #-[ 編集]
 世の中いろいろですね。
 本当にいろんな人がいるものですね。
 この楽しくてためになるブログに
 そんな中傷のコメントがあるんだなんて
 思っても見ませんでした。
 人の生き方にケチをつけてもしょうがないでしょうに!
 私はmixiとfacebookそしてtwitterを楽しんでいます。
 勿論偶に変なコメントもありますがあまり気にしません。
 年金だって最初から無理なところがあるのは
 判っていても国としてそれを造ってやっているんですから
 個人が受給者を非難しても仕方がないのでは?
 
2011/10/02(日) 13:15 | URL |  トマックス #90LdKUd6[ 編集]
Re: がんばれ!
バンジージャンパーさん、
温かなコメントありがとうございます。
私は世代論で物事を言うのは、じつは嫌いなので、
団塊世代とそれより若い世代との「思い入れ」の違いに触れたこの記事は、
実は書くのが嫌だったのです。バンジージャンパーさん(私よりはるかに
若い方)のコメントを読んでますますその思いを強くしてしまいました。
どうものごとを考えるかは、世代の差ではなく人間の差、なんですね。
「激励」に応えまして、いままで同様、タイの生活を大事にしていきたいと
思います。



> はじめまして!タイブログランキングを見てこちらを見つけました。いきなりこんな記事を見てびっくりです。詳しい事情は分かりませんが、定年退職後の海外ご隠居うらやましいですねえ!私はまだ若いのでタイで隠居できませんが、将来できれば幸せですよね。そんな幸せな環境で現在進行形で暮らす管理人さんに対する嫉妬でしょうね。彼らは自分で気づいていないと思いますが。どこの社会にも他人の幸せを妬む者たちは居るものです。タイで年金生活して何が悪いんでしょうかね?最高じゃないですか!法(広義)に触れなければ何してもいいんです。これからもガンガン老後の自由を謳歌しまくって、負け犬さん達に見せつけちゃってくださいw笑w
2011/10/03(月) 08:11 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re:  世の中いろいろですね。
トマックスさん、
私も嫌なコメントは気にしないようにしています。
私自身のブログなので、悪意のコメントは削除することに
しています。私の記録のブログが汚れるような気がしますので。
そうすると、削除した、というそのことでまた嵐のような悪口が
始まるのが一定のパターンです。そういう人は、みんな同じ反応しますね。
しかしながら、私は、わたしの考えに反対するすべてのコメントを
削除するのではありません。私自身、なにもしらない人間であることを
十分分かっていますので・・・知らなかったこと、思い違っていたこと、
などを教え、諭してもらえるコメントは大好きです。このブログでも
何度もそういう思いを味わってきました。
ただし、何度も言いますが、「悪意」から始まるコメントには、
棘だらけで、こんなもん、読む価値もないや、と思います。
それにしても、mixiとfacebookそしてtwitterで楽しむ、
というのは最先端を行っていますね。私は以前ほど、mixiを使わなくなり、
facebookそしてtwitterは未経験です。
使ってみようかな?



>  本当にいろんな人がいるものですね。
>  この楽しくてためになるブログに
>  そんな中傷のコメントがあるんだなんて
>  思っても見ませんでした。
>  人の生き方にケチをつけてもしょうがないでしょうに!
>  私はmixiとfacebookそしてtwitterを楽しんでいます。
>  勿論偶に変なコメントもありますがあまり気にしません。
>  年金だって最初から無理なところがあるのは
>  判っていても国としてそれを造ってやっているんですから
>  個人が受給者を非難しても仕方がないのでは?
>  
2011/10/03(月) 11:32 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/712-72ff2341
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。