きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャックGolfのラオスビザツアーが、再開後、すぐに停止となり、予定が外れて大慌てしています。

最初の経験なんだから、おまかせで行こう!

と始めに決めていたので、いざ自分でやらなければならなくなっても、なかなかエンジンがかからない。

いろいろインターネットでの、タイ・ビザについての、議論を再吟味。

観光ビザで、ダブル、という条件では、ラオスのビエンチャンが、最適というか、ここしか簡単にとれるところはない、という結論らしい。

ラオスまで、どう行くか。

一番簡単なのは、タイ航空で、ビエンチャンに飛ぶこと。

だけれども、飛行機代が、12,640バーツで、高い。

それに、あまりにも、面白みがない。

ほとんどの人は、ノーンカーイの陸路からラオスに入っている。

ノーンカーイまで、列車か、バスか、途中のウドーン・ターニーまで空路で後はバスで行くか。

現地についてからのもろもろハプニングを考えると、体力温存しておかねばならない。

10時間もかかる、列車もバスも、この点で除去。

9月8日、バンコクからウドーン・ターニーまで、行き、
9月11日、ウドーン・ターニーからバンコクへ、戻り。

これを、格安航空のAIRASIA で、予約する。

9月8日は、飛行機が、17:15分、ウドーン着だが、その日のうちに、ノーンカーイのホテルまで行かねばならない。

飛行場からの足は、どうなるのか。

9月9日が、最も重要な活動の日で、朝、ノーンカーイのホテルを出て、

タイのイミグレーションで、出国手続きをし、

そこから、タイーラオス友好橋を渡って、国境を越え、

ラオス側のイミグレーションで入国処理をして、

そこから、ビエンチャン市内にある、タイの領事館まで、行って、

ビザ申請書を作成し、

12時までに、申請書を提出する。

受付が終わると、翌日、何時に受け取り可能かの時間が言い渡される。

ここまでが、スムーズの行われなければならない。

あとは、パス・ポートを預けてしまうから、タイには戻れず、ビエンチャン市内に一泊するホテルを探さなければならない。

9月10日は、ビザが発給されたパスポートを受け取って、タイに戻ることになる。

今日、計画を考えたのは、ここまで。

もどりの10日を、どこに泊まるか、あとで決めることにした。

まずは、上で決めた事柄を、具体的にどう、つめておくか?

ノーンカーイのホテルはどうする?

タイの、ローカルな市のホテルやゲスト・ハウスは、予約は英語では通じない。。。

ウドーンから、ホテルまでの、足は、どうなる。。。空港から、バス・ターミナルまで行って、そこからバスで2時間?

いろんな細部が、インターネットでは、わからないのです。

そこで、僕は、ウドーン・ターニー近くに住む、タイ・ラブリンクで知り合ったガール・フレンドにヘルプを頼もう、としています。

その彼女、ロンは、29歳、マスターを取っている、病院の技師です。

姉さんが、日本人と結婚して、東京に住んでおり、

妹さんは、日本に留学して、日本語ペラペラで、バンコクで通訳ガイドしている、

そんな親日派で、

僕との会話は、日本語をゆっくりながら、使いたがります。

ロンに、状況を説明し、これこれしかじかで、飛行機は決めたので、

ウドーンからノーンカーイ、 ノーンカーイからビエンチャンまでの細部の行動について、

適当なホテルを探すっことから、助けてください、

と頼んだ。

最初は、そこらへんのことを知っている人が沢山いるし、ビザをよく取っている日本人も知っているから、まかせなさい!

というような、頼もしい調子だったのだ。

ロンが何人かの人と話したあとで、電話の返事をくれた。

ウドーンの飛行場からは、リムジン・バスがノーンカーイまである、200バーツだから、それを使えばいいでしょう。

うんうん、なかなか良いぞ。

ホテルは、自分で探して。。。知ってる人があまりいなくて。。。決めたら、教えて、電話のお予約はしてあげてもいいからね。

あと、ノーンカーイからビエンチャンは、タクシーが1200バーツ。。。

ちょっと、待って、それって何?

僕は、まずイミグレーションに行って(何でいくか?)、タイ出国して、ラオスに入り、ラオスの国境から、ビエンチャンに、行く、そういうことだけど・・・?

そう、そのラオスに入ってから、ビエンチャンまで遠いから、タクシーで1200バーツ、、、私の記憶では、それを800バーツまで、まけさせたようなきはするけれど。。。

ちょっと待って、それでも、おかしいよ、

距離は、あっても25KMを越えることはないんだから。。。バンコクからパタヤまででも800バーツで行くのに、、、ラオスでそんなことはないはず・・・

これが、なかなか、通じない。

ロンは、それだけは自分の経験でものを言っているらしく、

その時は、あちこちビエンチャンのまわりを観光で見て回ったからかもしれない。。。

だけど、1200バーツだったし、、、それ以外、わからない。。。

善意の気持ちが無くなったわけではない、と思われるけれども、

どうも、ロジカルに考えて、自分の言っていることが変だ、と思うことが、ないようなのである。

これ以上、説明して、助けてもらおう、とすることは、無駄なような気がしてきた。

事情、状況を、理解してもらう、そのことが、とても難しい。

タイ人は、他人の立場の立って、ものを考える、ということが、こんなに不得手なのか、

と思わせられる。

以前に、アパートを探すことを、頼もうとして、こちらの事情をどうしても飲み込んでもらえなかったことを、思い出した。

これ以上、頼もうとすると、怒り出す、、、。

それで、

じゃ、わかった、いろいろありがとう!

と言って、会話をお終いにしました。

あ~あ。

自分でやろうっと。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
励みになりますので、記事を読んだら、さくっと、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/83-2213d150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。