きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイ観光ビザ取得旅行の3泊目を、ウドン・ターニーに取った。
その翌日、エアアジアのバンコクへの戻りの便は、17:45分発である。

半日以上、ウドンで過ごすので、出来ればタイ・リンクスのペン・フレンドと、会って話しができれなうれしいなぁ、と思って連絡していたが、
その姉、という女性から電話があり、
姉はぼくの年齢を聞いて、ちょっと驚いて、
妹は、ずいぶん若いわよ、と言う。
う~ん、年齢のことは、タイ・ラブリンクスのメールで、ちゃんと分かり合っていると思うんだけど、
もし嫌なら、それはそれで理解できるから、会えないことは構わない、
などなど、少しのやり取りの後、

12時にまた電話で話そう、

ということになっていた。

電話をすると、
妹があってもいい、と言っている、
4時ではどうか?
いや、飛行機の関係で、4時までには飛行場に行っていたいので、それは遅すぎる。
それでは、3時ではどうか?
3時なら、30分くらい、会えるので、それでも良いかなぁ、
でも、できれば、2時に会えると、うれしい。
わかった、じゃ、もう一度電話するから、待っていて。

電話する前は、お昼近くに会って、ランチを一緒に、と考えていたので、
この段階で、会うのは無理かな~と感じ始めていた。

しばらくすると、また電話があって、

妹は、2時に会いたい、と言っている、

と言う。

OK、

ということで、僕はロビンソン・デパートで時間を潰すことにした。

店内を歩いて、店員さんやお客さんやの、顔や雰囲気をみていると、なんとなく、ウドンという街が気に入ってきた。

ジュエリー・ショップでにこにこしている女店員さんがいるので、寄ってみる。

金のネックレスはどうか、
今買って、金の値段が上がれば、そのまま持ってきてもらえば、その商品を高く買い取る、こともするから、とても魅力的ですよ、
と言う。
まぁ、そんなに上手い話もめったに起こらないだろうが、
タイの人は、自ら使用するだけでなく、実益を考えて、そんなこともするのだろうか、
と思ったりしていた。

そのうち、あいうえお、かきくけこ、と日本語を発音してみせてくれた。
おや、日本語、勉強してるの?
はい、いつか、日本へ行きたい。
タイは、仕事、安い。
そうか、そうか、ウドンには日本人、沢山すんでいますか?
はい、沢山住んでいます。

なかなか魅力的な、ちょっと中国系の女店員さんだった。

そんなことばかりして時間をつぶすことも出来なくて、1階におりて、KFCで、一口なにか食べようと思った。

注文した、チキン・バーガーみたいなものを食べ終わって、コーラを飲んでいると、電話が鳴った。
1時半。

姉からである。
いまから会える、と言う。

僕はまだ、ロビンソンに居るよ、

それはよかった、じゃ、KFCの前で会いましょう、

え~、今KFCの中に居るんだよ、

???

ここで、話が通じなくなったが、とにかく、KFCの外に出てみると、
携帯をもって歩いている30代の地味な服装をした女性がいるが、
そのそばには、若い男女がいるので、これは違うだろう、
と思って、携帯に向かって大声で話してみると、
どうやら、これが、その相手なのだった。

お互い、近寄って、挨拶する。

こっちが、妹。
これは、妹の友達。

ふたりとも、おそろいの、ミリタリー・ルックのような服を着ている。

年齢を聞いて、びっくり。

妹は、19歳。
まだ、学生。
今、学校から駆けつけてきたのよ。

と言うではないか。
僕は、今まで、タイ・ラブリンクスで、10代のタイ女性にフレンド申し込みは、したことがないはずである。

そこで、本当に、彼女は僕の事をタイ・ラブリンクのプロファイルを見て、知っているのか、と確認すると、

知っている、大丈夫。

と言う。

僕は、半信半疑、というより、真っ黒に疑い気分だったが、

会って、話しをして、楽しい時間をすこしでも過ごすことには、賛成である。

MKで食事をしようと思うが、いいか?

もちろん、OK。

彼女、Rayが僕の隣にすわり、
姉と男友達Tonがむかえに座った。

僕はKFCでバーガーを食べたから、あまり食べないので、3人で好きなものを頼んでね。

わかった。

以前、ニンと二人でMKに入った時のことを思い出した。
ニンの止まる事をしらない、注文好きで、テーブルに置ききれないくらいの皿がならんだ記憶である。
二人だったが、1300バーツくらいだったろうか。

若い男友達がきているので、さぞ、たっぷりとした料理になるだろう、と想像した。
あとで、デザートのアイスクリームなども、注文した。
しかし、結局は、600バーツほど。

この堅実さに、僕は、非常に良い感じを得た、ことだった。

食事中、僕は食べないから、と言っていたのに、

Rayは、ぼくの小皿を、つねに料理でいっぱいにしておきたがった。

この子は、世話を焼きたがっているのよ。

姉の英語は、明確でわかりやすい。

この姉が長女で、結婚していて、お腹に赤ちゃんがいる。
次女も結婚している。
独身はRayだけ。

Rayも、英語を勉強していて、まだ話なれないが、英語は好きだと言う。
ことばは少ないが、発音はきれいで、わかりやすい。
大学で、Accountingを勉強していて、今、3年生。
卒業まで、あと1年ある。
むかえに座っているTonは、大学の同級生だと言う。
この二人こそ、似合いのカップルなので、どういう気持ちなのだろう。
と思う。

話は、かなり、乗り気で、正月には家族と一緒に、チェンマイに行きたい、
とRayが言い出す。

正月って、1月1日?

そう、いいですか?

ふーん、それは楽しみだなぁ。

本当?私の家族と一緒に行く?
毎年、チェンマイに行くことにしている。
一緒にいくと、楽しいよ~。

OK。
でも、正月の前に、来月もウドンに来られるよ。
ビザが取れたから、11月まで、タイにいるから。

それは、いいな。
Fayは、学校、10月から1ヶ月、お休み期間に入るし・・・。

などと、会話は、すこぶる、滑らかに進む。

udon19400
本人確認できない程度にぬりつぶしましたが、明るい、はきはきした子です。一緒の写真を撮りたいつもりでいて、姉の携帯でとったあと、ぼくのカメラでも撮りました。

そして、姉は常にぼくの飛行機の時間を気にしてくれていた。

チャルーン・ホテルに預けたバッグを取ってから空港にいかねばならない。

モーターサイクルで来ているけど、僕さえよかったら、それで、ホテルまで行ってあげる。

空港までも、送ってくれる?

と僕が調子に乗って頼むと、

もちろん、OKよ。

それで、僕はRayの運転するモーターサイに乗り、姉はTonの運転するモーターサイに乗る。

バッグを受け取り、そのまま、空港へ。

そんなに近い距離ではなく、TukTukで200バーツの交渉から始まる、と聞いた。
15分は、走っただろうか。
Rayの運転は、上手かった。
僕もモーターサイの後ろに乗るのことに、慣れてきた。

なんだか、気持ちの良い出会い、ではあった。

僕を空港に残し、再会を約して、彼らは帰っていった。

udonairport2


彼らが、まだ、モーターサイクルに乗っている頃に、雨がふってきた。
姉は、お腹に赤ちゃんをかかえ、ここまで、付き合ってくれて、大丈夫だろうか。

しかし、19歳には驚いたし、
彼女がタイ・ラブリンクに会員として登録されていた記憶はないのである。

最近読んだ、インターネットの記事で、
娘を売り飛ばすタイ・イサーン地区の、貧しい家庭と母性感情に欠ける母親の記事を、
思い出したり、していた。

しかし、姉も大学出で、こどもの手が離れれば、大学院にもどって勉強したい、と言い、
Fayも、Accountingという、固い学科を学んでいる。

まだ、本当の姉妹なのか、分かっていない。
電話は、Fayは持っていないので、姉を通して連絡しあった。
ふたりの姉が結婚し、外にでているので、いまはFayだけが両親と暮らしている。
家のローンがあるので、Fayに携帯電話をもたせることができないのだ、と言っていた。

パソコンのメール・アドレスを訊いたときも、Fayはあいまいだったが、姉の方が、わすれちゃったんでしょう、、それは、こうよ、と姉の方が、教えてくれた。

ふたりは、姉妹でもなんでもなく、この姉と称する(Gaという名前だることが、後日のメールでわかった)人間を中心に、若いイサーン娘をだしに、外国人をたぶらかすグループなのかも、知れない。

面白いので、しばらく、付き合ってみることにした。

実のところ、気分は、悪くないのだった。

それは、全体として、ウドーン・ターニーという街が、ことのほか、良い感じを僕に与えたからかもしれなかった。

udonairport3
ウドン・ターニー空港待合スペース。

また、来て見よう、と思った。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください、読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/99-594fdc02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。